주요 기사 바로가기

【社説】金正日総書記が電撃訪中…韓半島の安保地形が揺らぐ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.08.27 12:57
0
北東アジア情勢が緊迫している。金正日(キム・ジョンイル)北朝鮮国防委員長が昨日、電撃的に中国訪問した。ジミー・カーター元米国米国大統領が平壌滞在中に実現したため、高い関心を集めている。同じ時刻、6カ国協議再開問題をめぐり、北朝鮮と深く協議をした武大偉・中国韓半島事務特別代表はソウルへ来た。南北と米中が介入する重みのある外交イベントなどが同時に起こったのだ。

北朝鮮と中国は5月初め、首脳会談で重大な内政・外交問題と国際及び地域情勢などに対し、随時、定期的に意思疎通をすることで合意した。金委員長の電撃的訪中は彼が直接しなければならないほどの「重大な内政・外交問題」が起こったという意味だ。それは2つに分析される。1つは権力継承及び経済難解消とかかわるものだ。北朝鮮は9月初めに行われる党代表者会で「キム・ジョンウン後継者体制」をより可視化し、2012年強盛大国に入るドライブをかける予定だ。このためには経済難をある程度解消するのが急務だ。住民たちがぼろを着てお腹をすかしている状況で「後継ぎ慶事」だの「強盛大国」だのと言うことはいくら独裁体制でも不如意だからだ。金委員長の訪中は東北3省及び羅津(ラジン)港開発など両国経済協力の具体的発展案と経済支援問題に対して中国から確答を得るためのものと見られる。

もう1つは6カ国協議だ。現在、中国は6カ国協議再開を強力に望んでいる。中国の国益に符合する韓半島の安定を進め、米国の軍事的圧迫を減らすための次元からだ。北朝鮮が中国の支援を受けるためには6カ国協議再開に誠意を見せなければならない状況が造成されたのだ。北朝鮮もこれまで韓米の頑強な北核不可の立場を勘案した場合、ある程度の政策転換は避けられないという判断をした。金委員長が直接中国との談判に出たのも核査察許容など「相当水準の前向き代案」を中国と協議した後、米国に伝えるためのものだという見方もある。

会談の結果によっては韓半島の安保地形が揺らぐ可能性がある。政府は天安艦事態と北核に対する韓国の既存の立場が大きく毀損されず、かつ情勢急変に機敏に対処することができる戦略を用意しなければならない。北朝鮮の画期的な核提案が出た場合、米国との緊密な協議を通じて一次元高く返さなければならない。中国を通じて北朝鮮が天安艦事態に関して何としても謝るようにさせる外交力も要請される。「外交には絶対価値もなく、絶対勝者もいない」という言葉がある。回る国際気流に賢く乗れば国益を確保することができる。
【今日のイチオシ記事】
・金正日、訪中初日に金日成革命聖地へ
・金正日が訪問した吉林市の毓文中学校、北朝鮮では抗日運動の聖地
・日帝強制徴用者の死亡記録5600人分、日本から受け取る
・韓国・ボリビア、リチウム協力委を岍成
・キム・ヨナ側「非理性的行動をとるオーサーコーチ、直ちに中断せよ」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP