주요 기사 바로가기

【社説】 天安艦事態、中国の真正な国益を問う

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.05.27 12:09
0
5000年歴史が物語るように運命的に韓半島は中国と切っても切れない関係だ。長い歳月にわたり韓半島は中国に対する事大と朝貢で安全をはかって来た。それでも中国の王朝の変わる度に我々は北から押し寄せる戦禍と侵略に苦しまなければならなかった。天安艦事態で北東アジアに吹く不穏な風を全身で受けながら我々はまた中国を思う。果たして我々にとって中国とは何か。北朝鮮の挑発で天安艦が爆沈したことが明らかになったのに、相変わらず北朝鮮をかばうような中国を見ながら我々は中国の存在をまた問わざるを得ないのだ。

中国は客観的で科学的な調査の重要性を強調してきた。それで韓国ははじめから事故原因を予断しなかった。公正性と客観性を担保にするために調査団に米国・イギリス・オーストラリア・スウェーデンなど外国の専門家たちを参加させた。創意的で執拗な物証収拾作業を通じて「北朝鮮制魚雷の推進部」という決定的証拠まで確保した。各国が先を争って対北糾弾声明を出しているのは調査結果を信頼するからだろう。非同盟の盟主であるインドまで非難隊列に参加した。それでも相変わらず中国は「すべての当事者に冷静さと節制を促す」という言葉ばかり繰り返している。北朝鮮より韓国に対する注文と読める。

もちろん我々は中国の当惑した境遇を理解する。今回の事態で韓半島平和と安定が脅やかされて、北朝鮮政権が揺らぐことは中国の国益に反すると考えることができる。もしも北朝鮮政権が崩壊することで難民が中国に押し寄せ、ひいては米国の同盟国である韓国と国境を突き合わせる事態が来れば中国の戦略的利益が決定的に損傷されると判断することができる。要するに韓半島の現状維持が中国の国益に最も符合すると見られるだろう。しかし本当にそうであろうか。自由・開放・疎通・共同繁栄という21世紀の普遍的価値と壁を作った時代錯誤的で爆圧的な世襲王朝政権の後見人役をすることが本当に中国の国益に役に立つのだろうか。中国は外交的想像力の地平を広げる必要がある。韓半島を含む北東アジア全体を自由・平和・共同繁栄の基盤で作ることこそ中国の国益に最も符合する万全之策ではないか。目先の利益のため未来のもっと大きい利益を逃せば小貧大失ではないのか。

我々は中国が米国と肩を並べる21世紀の大国で、国際社会の尊敬される国になるように心より願う。そのためにはそれにふさわしい責任ある姿を見せなければならない。しかし今、国際社会で中国が後援する国々を見ろ。北朝鮮・イラン・スーダン・ミャンマー・ジンバブエなど国際社会の問題児たちではないか。もちろん経済的利益を無視することができないだろう。ところが中国のソフトパワーがかぶる損傷も考えなければならない。北東アジアと世界地図を広げて未来のもっと大きな国益をじっくり計算してみるならば、天安艦事態に対する答えは明白になるだろう。


【今日のイチオ嚃記事】
・元調査委員「北魚雷の‘1番’ 韓国側が書いたようだ」主張
・開城で人質発生なら在韓米軍を活用して救出
・キム・ヨナ、テレビ出演で涙
・中国「北、天安艦事件起こしたのなら認めなさい」
・米国務長官「北の指導者に責任を問う」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP