주요 기사 바로가기

韓米、「西海連合訓練」を突然縮小・延期…中国が反発か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.05 10:03
0
米国の「天安出口戦略」?…G2妥協へ向かうのか

 韓米両国が7-11日に西海(ソヘ、黄海)で実施する予定だった連合海軍訓練が突然、縮小・延期された。

軍関係者は「来週初めに行う計画だった対北朝鮮武力示威性格の連合海軍訓練が2-3週延期された」とし「この訓練に続いて実施される第2段階の訓練の韓米連合対潜訓練も今月末または7月初めに行われるだろう」と話した。

別の関係者は「シャープ連合司令官が3日、李相宜(イ・サンウィ)合同参謀議長に連合海軍訓練の延期を突然要請してきたと聞いている」と伝えた。

これに関し、ゲーツ米国防長官はシンガポールで「国連外交のために韓米連合訓練が延期される」と述べたと、AFP通信が伝えた。この訓練には米第7艦隊所属の航空母艦が参加する計画だったが、米国防総省側は空母を派遣する計画がない、と明らかにした。

国防総省のモレル報道官は「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)放送との電子メールインタビューで「いかなる空母も近い時期に韓半島付近に行くことはない」と明らかにした。

韓米連合海軍訓練が縮小・延期されたことについて、軍関係者は「突然大規模な訓練をするのに伴う準備事情もあるが、中国の憂慮もあるようだ」と述べた。一部の消息筋は、中国が目の前の西海で韓米両国が大規模な訓練を実施することに不満を表した可能性を指摘している。

◇韓米国防長官会談=金泰栄(キム・テヨン)国防長官とゲーツ米国防長官は4日、北朝鮮の「天安(チョンアン)」攻撃について断固たる対応策が必要だという意見で一致した。両国長官はこの日、シンガポールで開かれた第9回アジア安保会議の2者対話でこのように合意したと、会談関係者が伝えた。

中国人民解放軍の馬暁天副総参謀長は金長官との会談で「北朝鮮を説得するのに中国としても限界がある」とし「韓国政府の調査結果について評価をしているが、100%韓国政府の意に合うように行動するには時間がかかるだろう」と慎重な立場を表したと、会談関係者が伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP