주요 기사 바로가기

【時論】西海の海上安全、中国に切実(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.03 17:55
0
 中国外務省報道官部は海軍哨戒艦「天安(チョンアン)」事件を「不幸な突発事件」と規定し、この問題と北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の訪中は別の問題だと強調した。 国際社会が対北朝鮮制裁を推進する現時点でも、中国高官は「緊張感が高まるのを防ぐべきだ」などと述べ、従来の立場をほとんど変えずにいる。 さらに中国は「天安」事件は南北(韓国・北朝鮮)間の問題であり、中国が乗り出す問題ではないという点を強調している。 果たしてそうだろうか。決してそうではない。 「天安」事件の解決と中国の国益は大きな関係があり、この問題の行方によって中国の将来も変わる可能性がある。

中国の大陸海岸線の距離は約1万8000キロ。 中国はこれを北から勃海・黄海・東海・南海に区分している。 韓国の西海(ソヘ)は中国の勃海・黄海・東海と接している。 中国大陸海岸線の半分以上だ。 しかしまだ西海は中国との排他的経済水域(EEZ)問題が解決していない状態だ。 中国はベトナム・フィリピン・ブルネイなど南中国海国家とは「中間線原則」を強調し、韓国の西海では「自然延長の原則」を主張している。 中国が西海海底に陸地の自然延長である大陸棚を主張するのは、西海を3等分した場合、3分の2が中国側にあり、3分の1が韓国側にある海底地形のためだ。 中国が海洋区画問題で二重定規を適用していることを示している。 いつでも韓中間の葛藤の種になりうる。

韓国の西海は中国漁船の操業が活発なところでもある。 3月末、すべての国民が哀悼と憤怒の中で「天安」救助作業をする間も、ぺクリョン島沖では中国漁船が不法操業を続けていた。 今でも中国の漁船はNLLを南下し、ワタリガニを大量に獲っている。 韓国の西海では一日平均、中国漁船300隻以上が操業し、この3年間に230隻が違法操業で取り締まりを受けるほど、中国沿岸漁業の中心海域だ。

また「天安」が沈没したぺクリョン島沖は大連から仁川(インチョン)、丹東から仁川を行き来する国際旅客船の航路だ。 天津・威海・青島港まで含めると韓中交流の要所となる。 韓中間の交流人員が年々増える中、航空便を利用する韓国人よりも、旅客船を利用する中国人にとって安全が必要なところだ。 09年の韓中交流人員は約600万人にのぼった。 韓国を訪れる中国人は約134万人で、その大半がぺクリョンドと近い仁川港を通過する。
【時論】西海の海上安全、中国に切実(2)

【今日のイチオシ記事】
・【社説】書生政治の限界を見せた鳩山首相の辞任
・‘親韓派首相’辞任を惜しむも「天安」協調維持に期待感
・ムン・グニョン「ドラマで生涯初のキス」
・【6.2地方選挙】ソウル市長に呉世勲氏当選確実
・<W杯D-8>韓国代表「2勝1分けで16強に行く」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP