주요 기사 바로가기

がん、恐ろしいのは「治療費」67%「死」12%

2008.07.16 15:04
0
韓国人は自分や家族ががんにかかった場合、「死」より「高額な診療費」の方が怖いと思っていることがわかった。

国立がんセンターが15日、こうした内容のアンケート調査結果を公開した。アンケート調査はコリアリサーチに依頼して全国成人男女1040人を対象に行われた。

調査結果「がん発病時、最大の心配は何か」という質問に回答者の67.5%が「治療費負担」と回答した。治療期間が長く、費用も多くかかることで家庭に及ぶ影響を恐れているというものだ。「死に対する恐怖」(12.2%)「医療機関に対する情報が不十分」(5.8%)「がんに対する正確な知識がない」(5.7%)「職業喪失など経済活動ができなくなること」(4.5%)「看病に対する負担」(1.6%)が続いた。

がんに対処するために政府が重点的に推進する事項としては、がん早期検診事業拡大(46.9%)を多く挙げた。治療費負担緩和のための各種制度導入(20.9%)、禁煙キャンペーンを含めたがん予防活動(11.9%)、首都圏と地方医療機関の医療サービスの質向上(7.2%)、新治療法開発・研究(5.6%)なども主要課題に指摘された。

回答者たちはがんという病名から連想するイメージとして「死」(37.1%)「不安と恐怖」(32.2%)など、大部分が暗く、否定的なイメージを連想した。

国立がんセンターイ・ジンス院長は「変化する時代的要求に合わせ、国民のがん治療費負担軽減案を提示して、坑がん治療剤と医療機器開発を行っていきたい」と話している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP