주요 기사 바로가기

キム・ジャオク、5月に大腸がん手術受けていた

2008.07.15 18:42
0

 中堅俳優のキム・ジャオクが5月に大腸がんの手術を受けていたことが明らかになった。

キム・ジャオクは4月末、定期健康検診で大腸がんを発見、5月初め、ソウルの総合病院で手術を受け、無事に治療を終えた。

キム・ジャオクの側近は「一週間ほど入院したが、今では完全に健康を取り戻している」と明らかにした。

30日から放送されるSBS(ソウル放送)新ドラマ「ワーキングママ、実家のママ」の撮影に臨んでいるキム・ジャオクは、6月にもKBS(韓国放送公社)2の「ハッピートゥギャザー」をはじめ各種娯楽番組に出演するなど、元気な姿を見せている。

キム・ジャオク側は「意図的に隠したのではなく、いい話でもないので周辺に話さなかっただけ」とし「現在は1-2週間に一度ずつ治療のため病院へ行っている」と説明した。

キム・ジャオクが出演する「ワーキングママ、実家のママ」は明るい雰囲気のコミックドラマ。

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    キム・ジャオク、5月に大腸がん手術受けていた

    2008.07.15 18:42
    뉴스 메뉴 보기
    TOP