韓国メーカー製のマットレスから1級発がん性物質検出…基準値の13倍の放射能も

韓国メーカー製のマットレスから1級発がん性物質検出…基準値の13倍の放射能も

2018年05月25日15時34分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国寝具メーカー「テジン寝台」の一部モデルから有害物質のラドンが検出されたことが確認された。
  1級発がん性物質である「ラドン」に被爆した韓国寝具メーカー「テジン寝台(チムデ)」のマットレスが、既に確認された7モデル以外にも追加で14モデルあることが確認された。

  国務調整室は、原子力安全委員会や産業通商資源部など関係部署と共に25日に記者会見を開き、「テジン寝台が販売していたベッド用マットレス14モデルが生活周辺放射線安全管理法(以下、生活放射線法)の加工製品安全基準に適合しない製品であることが確認された」とし「回収・廃棄のための行政措置を施行する」と明らかにした。

  原子力安全委員会は今月3日からテジン寝台に対する調査を進めている。

  この日、原子力安全委員会が追加で発表したテジン寝台の14モデルは、パワーグリーンスリーパープラチナム/グリーンスリーパー/プレミアムウェスタン(スリーパー)/パワーツインプラス/ローズグリーンスリーパー/プレミアムパワーグリーンスリーパー/(パワーグリーンスリーパー)ライム/アイパワープラススリーパー/アイパワーグリーン/アルテ/パワープラスポケット/パワーグリーンスリーパーR/グリーンヘルス1/パワーグリーンスリーパーヒプノスで、計2万5661枚あると推定される。

  特に、パワーグリーンスリーパーRでは基準値の13倍を越える放射能が検出されたことが確認された。

  原子力安全委員会はこれら14モデルに対し、今日から回収と廃棄のための行政命令を下したと明らかにした。

  一方、原子力安全委員会は弱い放射能を持つモナズ石の輸入業者に対する流通現況調査の結果、13社にモナズ石が販売されたことが明らかになった。

  これら13社が腕輪、電気カーペット用不織布、ネックレスなどを生産する場所で被爆線量が基準値を越える製品は発見されなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事