주요 기사 바로가기

旧正月にマレーシアのバッテリー工場視察したサムスン電子会長…「厳しいからといって萎縮するな」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.12 15:47
0
サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)会長が韓国のソル(旧正月)連休にマレーシアにあるサムスンSDIバッテリー事業場の視察に訪れ、「(情況が)厳しいからといって萎縮せずに大胆に投資しなければならない」と強調した。

12日、サムスン電子によると、9日マレーシアに到着した李会長はヘリコプターに乗ってスレンバンのサムスンSDI生産法人に移動し、現地事業現況の報告を受けた後、バッテリー工場を訪れた。

李会長は「経営権不法継承疑惑」事件1審で無罪宣告を受けた翌日の6日午後、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビに出国して非公開日程をこなした後、マレーシアに移動した。司法の鎖を解いた後、初めてとなる海外公式日程ということでバッテリー事業に注力するという決意を読み取ることができる。今回の出張にはサムスンSDIの崔潤浩(チェ・ユンホ)社長が同行した。

 
李会長はバッテリー第1工場生産現場を視察した後、来年完工予定の第2工場建設現場も点検した。この席で「短期の実績に一喜一憂せずに、果敢な挑戦で変化を主導しよう。新たな価値を作り、確固とした競争力を確保しよう」と注文した。

サムスンSDIは昨年売上22兆7000億ウォン(約2兆5430億円)・営業利益1兆6000億ウォンで史上最大の実績を収めたが、最近グローバル電気自動車(EV)市場の成長鈍化で停滞している。会社は短期市場停滞にも予定通りに投資を実行し、差別化された技術競争力を確保して持続的な成長基盤を用意する方針だ。

このような戦略の一つとして、需要増加が予想される円筒形バッテリー市場に対応するために2022年から1兆7000億ウォンを投資して第2工場を建設している。第2工場では今年から「PRiMX21700」円筒形バッテリーを量産する計画だ。直径21ミリ・高さ70ミリ規格の「PRiMX21700」円筒形バッテリーは電動工具、EVなど幅広い製品に搭載される。

李会長はサムスンSDI駐在員と会って夕食を共にしながら旧正月の贈り物を手渡し、改善要望事項を聞いた。10日にはクアラルンプールに移動してサムスン電子とサムスン物産・サムスンエンジニアリング・第一企画などサムスン関連会社の駐在員20人余りと懇談会を開いた。李会長はこの席で新年の挨拶をした後、すべての出席者と一人ひとり記念写真を撮影した。

マレーシアがサムスンスマートフォン出荷量1位国家であることから現地市場も点検した。サムスン電子とマレーシア流通企業センヘンが2022年共同出資した東南アジア最大の売り場を訪れ、Galaxy S24など戦略製品に対する消費者の反応を確かめた。マレーシアにはサムスンSDSやサムスン物産・サムスンエンジニアリング・サムスン重工業など数多くのサムスン関連会社が進出して事業を展開している。サムスン物産は最近クアラルンプールに世界で2番目に高い建築物「ムルデカ118」を完工した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    旧正月にマレーシアのバッテリー工場視察したサムスン電子会長…「厳しいからといって萎縮するな」

    2024.02.12 15:47
    뉴스 메뉴 보기
    9日、サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)会長がマレーシア・スレンバンにあるサムスンSDI生産法人第1工場を視察している。[写真 サムスン電子]
    TOP