주요 기사 바로가기

BTSの記録を引き継ぐLE SSERAFIM…英語の曲で国内外ともにウケた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.01.23 09:18
0
「Me and my girlies/We gon party til its early」 (私と私の友達/私たちは朝までパーティーを開くよ)

曲『Perfect Night』は気の合う友達と一緒にするパーティーを叫びながら始まる。ガールズグループのLE SSERAFIMの初の英語デジタルシングルで、昨年10月の発売後、国内外でブームを巻き起こしている。米国ビルボードチャートに11週連続で入り、最新チャートの1月20日付「グローバル200」では18位を占め、最も高い順位を記録した。昨年5月に発表した1stアルバムのタイトル曲『UNFORGIVEN』がこのチャートで立てた最高記録(23位)も更新した。「グローバル200」は米国を含め全世界200カ国以上の国や地域で集計されたオンライン再生回数とデジタル販売量を基準に順位を付ける。

韓国国内のチャート成績も注目に値する。『Perfect Night』は国内最大音源サイト「メロン」でトップ100・デイリー・週間・月間チャート1位を席巻した。韓国語の歌詞が全くない英語の曲で国内チャートで1位となったのはBTS(防弾少年団)以来初めてだ。

 
特に、デイリーチャートでは11月20日付で1位に上った後、約1カ月間順位を守った。年末キャロル音楽の強勢でしばらく順位が下落したが、先月28日付でデイリーチャート1位を取り戻し、今年初週の週間チャート(1~7日)1位に上った。

米国ゲーム会社ブリザード・エンターテイメントのゲーム『オーバーウォッチ2』とコラボして作ったミュージックビデオは公開一週間で再生回数2400万回を超えた。

『Perfect Night』は既存のタイトル曲とは正反対のコンセプトだ。曲はソフトなギター演奏とともに「ツーステップ」(2-Step)ビートが敷かれ、夢幻的なメロディーが続く。「他人の評価を気にせず、わが道を開拓する」というメッセージを伝えることに集中したこととは異なり、『Perfect Night』では「一緒ならこれ以上完璧ではない」という内容を歌詞に盛り込んだ。友達と徹夜で遊びながら自由なエネルギーを感じる少女たちの愉快な夜が描かれる。

作曲・作詞は総括プロデューサーであるバン・シヒョク、メンバーのホ・ユンジンをはじめ、デビューの時からともにしてきたプロデューサーチーム13が引き受けた。所属事務所のSource Music側は「最近、全世界的に流行しているジャンルであるR&Bと混合されたUKガレージとマイアミベースの交差点にある曲」とし「グローバルリスナーを考慮して初めて英語デジタルシングル発売を決め、歌詞もまた全て英語で製作した」と明らかにした。

大衆音楽評論家のキム・ドホンさんは「国内で英語の歌詞に対する拒否感はなくなって久しい。『Perfect Night』が大衆的な成功を収めた主な要因は、どのTPO(時間・場所・状況)で再生してもかまわない、最近のトレンドを反映した『イージーリスニング』音楽スタイル」と分析した。

LE SSERAFIMは来月19日、3thミニアルバム『EASY』でカムバックする。4月には米国の大型音楽フェスティバル「コーチェラ・バレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル」(以下「コーチェラ」)の舞台に上がる。K-POPガールズグループのうち、コーチェラの舞台に立つのはBLACKPINK以来2度目だが、LE SSERAFIMは歴代韓国歌手の中でデビュー後最短期間(1年11カ月)でこのフェスティバルで単独公演を行うことになった。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BTSの記録を引き継ぐLE SSERAFIM…英語の曲で国内外ともにウケた

    2024.01.23 09:18
    뉴스 메뉴 보기
    LE SSERAFIMの『Perfect Night』はBTS以来初めて国内チャート1位となった英語曲だ。[写真 ソースミュージック]
    TOP