주요 기사 바로가기

習氏「子どもを産むように若者の観念を変えろ」…NYT「家父長制に回帰している」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.07 06:56
0
中国の習近平国家主席が女性団体指導者を招集して若者の結婚と出産に対する考え方を変え、人口を増やして高齢化に積極的に対応するよう指示した。ニューヨーク・タイムズ(NYT)は「中国男性指導者が女性に対して家庭に戻って子どもを産むように指示した」として批判的なニュアンスを込めながら3日、報じた。

習主席は先月30日、新たに選出された第13期中華全国婦女連合会指導部を北京市内の中南海(共産党指導部の執務室)に呼んで懇談会を開き、このような指針を伝達した。習主席はこれに先立ち先月23日に人民大会堂で開幕した婦女連合会第13回全国代表大会開幕式にも出席した。

習主席は懇談会で「新しい形態の結婚・養育文化を積極的に教育しなければならない」とし「若者の結婚と恋愛観念、出産と育児観念、家庭観念に対する指導を強化して出産支援政策を急ぎ、完備・実践して高齢化に積極的に対応するように」と強調したと人民日報が報じた。結婚と出産を避けようとする若者を啓発し、家庭を築いて子どもを産めるように支援して督励せよという指針だと読むことができる。

 
習主席は家庭教育の重要性も強調した。「家庭が和やかで家庭教育が良好で、秩序のある家風があってこそ子女が健やかに成長し、そうしてはじめて社会も健やかに発展することができる」とし「女性ビジネスは婦女自身の発展だけでなく、家庭の和睦や社会の調和、国家の発展と民族の進歩と関連する」と述べた。

中国は昨年人口が85万人減少した。大飢饉で人口が減った1961年以来61年ぶりだ。昨年末基準で中国人口は14億1175万人で、インドに人口1位国家の座を奪われた。

NYTは習主席の指針に関連し、過去の家父長制時代に回帰しようとしていると指摘した。同紙は「過去20年ではじめて、中国共産党最高権力機構から女性が消えた」とし「人口統計学的危機、経済鈍化、フェミニズムの浮上に直面した共産党が女性を再び家に押し込み、子女を養育して高齢者を世話するように求めた」と報じた。中国共産党は昨年、過去25年間で初めて、最高意志決定機構である24人の中央政治局に女性は入れずに男性だけを選出した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    習氏「子どもを産むように若者の観念を変えろ」…NYT「家父長制に回帰している」

    2023.11.07 06:56
    뉴스 메뉴 보기
    中国の習近平国家主席
    TOP