주요 기사 바로가기

「世界最強の国」ランキングで中国2位、日本8位…韓国は6位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.01.02 07:01
0
軍事力や経済力、外交力などを合算して評価する「世界最強の国」ランキングで、昨年韓国が6位となった。

米USニューズ&ワールド・レポート(USNWR)は先月31日(現地時間)、このような内容の「2022世界最強の国」(the planet's most powerful countries)ランキングを発表した。

同調査によると、最高の国1位は米国だった。続いて、中国とロシアがそれぞれ2・3位となった。

USNWRは米国に対して「世界で最も支配的な経済および軍事強国」と評価した。同時に「文化的にも音楽、映画、テレビで表現される大衆文化のかなり大きな部分を主導し、全世界に影響力を拡大している」と話した。

ただし「世界最強の国であるにもかかわらず、米国は依然として人種的緊張、所得不平等、ますます二極化する有権者など国内問題に直面している」とも評価した。

中国に対しては「世界で最も古い文明の一つ」とし「世界で最も人口が多く、2番目に大きい領土を持っている。1978年、トウ小平氏が改革に踏み切ってい以来、世界で最も急速に成長している主な経済国の一つだった」と説明した。

また「中国の急速な経済発展は人口増加や天然資源の均衡、所得不平等の深化、全国的に深刻な汚染増加など様々な国内問題をもたらした」と指摘した。

ロシアの場合「巨大な領土」と「ウクライナ戦争による世界の憂慮」「膨大な天然資源に基盤を置く経済大国」などと説明された。

4位はドイツ、5位は英国だった。韓国は6位となった。

USNWRは韓国に対しては「韓国の先端技術、サービス基盤経済は外国人投資の成功事例としてOECD開発援助委員会基金の最初の受恵者になり、その後基金寄付者になった」として「1960年代以降着実な成長と貧困の減少を経験し、現在は全体的に世界最大の経済国の一つだ。世界最大の国民総貯蓄(GNS)と外国人投資家の保有比率を保有している」と評価した。

また「韓国文化は儒教の人本主義的イデオロギーに根ざしている」と説明した。USNWRはこの他、韓国のブランド品選好、人口の高齢化問題、健康保険および義務教育などに言及した。

7位にはフランス、8位日本、9位アラブ首長国連邦(UAE)、10位イスラエルなどが後に続いた。日本は昨年6位だったが、韓国と席を変えて2ランク下落したことが分かった。

今回の調査で最も大きな注目を集めた国はウクライナだった。ウクライナは前年33位から14位に大きく上昇した。

USNWRは「現在、EUとNATOだけでなく米国を含む国家から莫大な政治的、軍事的支援を受けており、ロシアに対する抵抗で広く祝ってもらっている」としながらも「人口、都市、産業は侵略のために破壊され、これを再建するのに数十年かかるだろう」と説明した。

同調査は、USNWRが世界85カ国の1万7000人を対象に、政治、経済、軍事力を含めた国家影響力などをアンケート調査を実施して毎年発表している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「世界最強の国」ランキングで中国2位、日本8位…韓国は6位

    2023.01.02 07:01
    뉴스 메뉴 보기
    ソウル・明洞。
    TOP