주요 기사 바로가기

<杭州アジア競技大会>韓国サッカー3連覇まで残り1勝、7日の決勝は「韓日戦」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.10.05 07:53
0
韓国U-24(24歳以下)サッカー代表が難敵ウズベキスタンに勝利し、杭州アジア競技大会の決勝に進出した。史上初のアジア競技大会3連覇まで残り1勝となった。

黄善洪(ファン・ソンホン)監督(55)が率いる韓国は4日、中国杭州黄龍スポーツセンタースタジアムで行われた男子サッカー準決勝で、鄭優営(チョン・ウヨン、24、シュツットガルト)が2得点し、ウズベキスタンを2-1で退けた。韓国は今大会6試合で25得点2失点と、圧倒的な競技力を見せている。

決勝の相手は宿敵日本だ。日本は準決勝で香港に4-0で勝利した。2018ジャカルタ大会に続いて2大会連続で韓国と日本が決勝戦でぶつかることになった。5年前には韓国が延長戦の末2-1で勝利した。決勝戦は7日午後9時に同じ場所で行われる。

 
序盤から攻撃を主導した韓国は前半5分に先制ゴールを決め、好スタートを切った。FKから李康仁(イ・ガンイン)のパスを受けた洪賢錫(ホン・ヒョンソク)が相手ペナルティエリア右側に走り込んだ厳元尚(オム・ウォンサン)にパスを入れ、厳元尚のクロスを鄭優営が右足に押し込んだ。

しかしリードは長続きしなかった。前半25分、白昇浩(ペク・スンホ)のファウルで得たFKをウズベキスタンのジャロリディノフが左足で決めた。勢いづいたウズベキスタンは激しいプレーで韓国に圧力を加えた。

きっ抗した試合で鄭優営の足がまた光った。前半38分、相手ペナルティエリア内でウズベキスタン選手2人とイ・ハンボム(21、ミッティラン)が競り合う中でこぼれたボールを、後から入ってきた鄭優営が右足で蹴り込んだ。絶妙の位置取りと集中力で生み出した逆転ゴールだった。鄭優営は右手人差し指を頭に当てて、左手首の時計を見るようなゴールパフォーマンスをした。「得点した時間を記憶しよう」という意味だ。

大会6、7号ゴールを決めた鄭優営は得点単独トップに立った。ジャカルタ大会で得点王になった黄儀助(ファン・ウィジョ、31、ノリッジ・シティ)の記録に2点差に迫った。当時、黄儀助は9得点した。

後半に入って猛攻を続けていたウズベキスタンは1人が退場となり、追撃の意志が弱まった。数的優位になった韓国はこの時から試合を支配し、ウズベキスタンの攻撃を最後まで防いで試合を終えた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <杭州アジア競技大会>韓国サッカー3連覇まで残り1勝、7日の決勝は「韓日戦」

    2023.10.05 07:53
    뉴스 메뉴 보기
    黄善洪(ファン・ソンホン)監督
    TOP