주요 기사 바로가기

<杭州アジア競技大会>準々決勝で日本に敗れた北朝鮮男子サッカー…審判押して激しく抗議・威嚇

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.10.02 07:06
0
2022杭州アジア競技大会男子サッカー準々決勝で北朝鮮が日本戦に破れて4強進出が消えた。

北朝鮮は1日、中国浙江省杭州蕭山オリンピック・スポーツ・エキスポセンターのスタジアムで開かれた2022杭州アジア競技大会男子サッカー準々決勝で日本に1-2で負けた。

2014年仁川(インチョン)時に準優勝だった北朝鮮はこの日9年ぶりにアジア競技大会4強進出を狙ったが、日本に後半2ゴールを入れられて敗北した。

 
後半5分に日本の内野航太郎がまず先制ゴールを決め、北朝鮮も後半29分にキム・グクボムが同点ゴールを決めて互角に対抗した。

しかし後半35分、日本の松村優太が決勝ゴールを決めて結局4強行きチケットは日本が手にした。

北朝鮮選手はこの日、試合終了ホイッスルが鳴ると審判に駆け寄って威嚇的な姿を見せた。日本の決勝ゴールにつながった審判のペナルティーキック判定に強く抗議したのだ。一部の選手は激憤のあまり審判の体を腕で押す場面もあった。

北朝鮮のシン・ヨンナム監督は試合後の記者会見で関連状況に対する質問が続くと「今日の試合で選手2~3人が少し興奮し、間違った宣言に興奮してそのような場面があった」として選手たちを擁護した。

シン監督は選手たちの抗議状況が望ましいと考えるかとの質問には「今日の間違った宣言に(選手たちが)少し興奮したのは事実」としながら「主審の不公正なジャッジはサッカーに対する侮辱だと考える」と答えた。

一方、日本はイラン-香港の勝者と4日に準決勝を戦う。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <杭州アジア競技大会>準々決勝で日本に敗れた北朝鮮男子サッカー…審判押して激しく抗議・威嚇

    2023.10.02 07:06
    뉴스 메뉴 보기
    杭州アジア競技大会のマスコット
    TOP