주요 기사 바로가기

韓国民主党幹部ら「同志の背信」「可決に責任伴う」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.22 09:26
0
韓国最大野党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)代表に対する逮捕同意案が民主党の離脱票で国会を通過したことに関連し、民主党の党役員が相次いで「報復性」のメッセージを出した。

趙正湜(チョ・ジョンシク)事務総長は21日、フェイスブックで「李在明代表の逮捕同意案可決に無限責任を感じる」とし「党員と支持者の皆さんに謝罪する」と明らかにした。そして「今日の可決選択には必ず責任が伴うはず」とし「李在明代表と民主党を最後まで守る」とコメントした。

金成柱(キム・ソンジュ)政策委首席副議長も「同志だった人たちが裏切った」と激しく感情を表した。続いて「民主党は滅びた。いや、滅びてこそまた生き返る」とし「同じ志でなかったことを表した。惨めな思い」とした。その一方で「あきらめることはできない。どうやって守ってきた国だろうか。独裁と戦って成し遂げた民主主義だ」とし「我々は外部の攻撃と内部分裂の危機を克服して必ず勝つ」と強調した。

 
金勝源(キム・スンウォン)民主党法律委員長は「私も衝撃が大きいが、22日間も命をかけた断食を続けている李在明代表の心情を考えると胸が痛む」とし「逮捕同意案否決のために力を合わせた多くの民主党員同志の方々に申し訳ない」と伝えた。また「民主党法律委員長として裁判所の拘束令状発給だけは必ず防がなければいけない」とした。

一方、朴光温(パク・グァンオン)民主党院内代表は李代表逮捕同意案が可決されたことに対する責任を取り、院内代表から辞任することにした。趙事務総長をはじめとする事務総長傘下の政務職党役員も全員が辞意を表明した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国民主党幹部ら「同志の背信」「可決に責任伴う」

    2023.09.22 09:26
    뉴스 메뉴 보기
    共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)代表
    TOP