주요 기사 바로가기

韓国野党29人が反乱、野党代表逮捕同意案が可決

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.22 07:12
0
共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)代表の1年間にわたる攻防は結局内部で敗れた。

国会は21日の本会議で、李代表逮捕同意案を無記名表決に移り、賛成149票、反対136票、棄権6票、無効4票で可決した。議決に必要な出席議員(295人)の過半数(148人)をかろうじて超えた僅差の可決だった。在籍議員298人のうち、ハンストで入院中の李代表と尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の訪米に随行中の朴振(パク・ジン)外交部長官、収監中の尹官石(ユン・グァンソク)議員の3人を除いて全員が投票した。

可決された党論を決めた国民の力(110人)と正義党(6人)に与党寄りの無所属(ハ・ヨンジェ、ファンボ・スンヒ議員)、時代転換(チョ・チョンウン議員)、韓国の希望(ヤン・ヒャンジャ議員)が賛成したと仮定すれば、民主党で少なくとも29人が賛成票を投じたものと計算される。棄権・無効票まで合わせれば39人に達する。李代表が本会議に出席しても、結果を変えることができない数字だった。出席議員が296人になっても議決定足数は149票であるため、可決には変わりがないからだ。

 
20日以上断食が続き「否決」に傾いた流れを覆したのは事実上李代表自身だった。李代表は前日午後、自身のSNSに「逮捕同意案の可決は政治検察の工作捜査に翼をつけることになるだろう」として公開的に否決を促した。6月、国会交渉団体代表演説で「拘束令状を請求すれば自ら出席し、令状実質審査を受けて検察の非道を明らかにする」と公言した不逮捕特権の放棄宣言を3カ月ぶりに覆したのだ。

このために「防弾政党」に対する懸念の声が高まり、議員たちが賛成票を投じたという分析が出ている。野党元老の柳寅泰(ユ・インテ)元国会事務総長はCBSラジオで、「(李代表)メッセージの逆風が思ったより大きかった。あれが出た後、心理的に盆唐(プンダン)事件に向かったと思う」とし、「(議員たちは)びっくりする雰囲気だった。『これ以上同じ党でやってられない』という声も出た」と伝えた。民主党の朴洸瑥(パク・グァンオン)院内代表ら院内指導部と趙正湜(チョ・ジョンシク)事務総長は逮捕案可決の責任を負って同日夜、総辞職した。

昨年8月に開かれた全党大会で77.77%という過去最高の得票率で野党第1司令塔に上がった李代表は当選4日ぶりに公職選挙法違反の疑いで検察の召喚調査の通知を受けて以来、1年以上「防弾」というレッテルを外すことができなかった。2月、李代表に対する初逮捕同意案の表決の際には賛成139人、反対138人、無効11人、棄権9人で辛うじて否決され、李代表のリーダーシップに傷がついた。李代表は先月31日、就任1周年の記者懇談会で、尹錫悦政府の全面的な国政刷新を要求し、無期限ハンストという勝負に出た。しかし、不逮捕特権放棄宣言を突然覆し、党内外で「防弾ハンストだったのか」という批判も呼んだ。

党指導部が李代表逮捕同意案の表決に対抗作戦として韓悳洙(ハン・ドクス)首相の解任申し立て案と現職検事の弾劾訴追案の成立を強行したのも表決に苦心していた民主党議員に影響を及ぼしたという分析だ。ある首都圏議員は表決直前に「憲政史上初の首相解任案を圧倒的に可決した状態で、再び党代表逮捕同意案を否決させること自体が負担」と吐露した。李代表逮捕同意案に先立って進められた韓首相解任申し立て案は、賛成175票、反対116票、棄権4票で可決された。国会の解任申し立ては法的拘束力がなく、尹大統領が受け入れる可能性は小さい。大統領室は「政治攻勢として認識する」として受け入れられないという方針を示唆している。

深刻な混乱の中に陥った民主党は、緊急非公開最高委員会と緊急議員総会を相次いで開き、対応策について話し合った。イ・ソヨン院内報道官は「予想できなかった結果なので非常に驚き衝撃的」とし「指導部が議員たちに数回否決を訴えたが、違う結果が出て残念だ」と明らかにした。同日夜遅くまで李代表は反応を示さなかった。国民の力は「いかなる小細工も法治を避けて通れないということが証明された」とし「換骨奪胎の態度で国民に償えよ」と民主党に促した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国野党29人が反乱、野党代表逮捕同意案が可決

    2023.09.22 07:12
    뉴스 메뉴 보기
    21日、国会で開かれた本会議で議員たちが李在明(イ・ジェミョン)代表逮捕同意案に投票している。カン・ジョンヒョン記者
    TOP