주요 기사 바로가기

世界遺産「万里の長城」を掘削機で壊した中国人「近道を作ろうと」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.05 14:42
0
道をつけるために万里の長城の一部を掘削機で損壊させた中国人2人が公安に捕まった。

4日官営メディア「中国中央テレビ(CCTV)」などによると、先月24日に中国北部山西省右玉県当局に万里の長城の一部が破損しているという通報があった。

現地公安当局は通報を受けて出動し、大型掘削機で城壁を損壊させたチョン(38)とワン(55)ら作業員2人を逮捕して刑事拘留して、経緯を調査している。

 
2人は公安に「近道を作るために万里の長城の壁を壊した」と供述しているという。2人が損壊させた城壁の幅は車が2台がすれ違って通れる規模だった。

周辺に32の村があるため命名された三十二長城は明国が北方勢力の侵入を防ぐために右玉県樺林山一帯で土を使って築造した万里の長城の一部だ。

三十二長城は中国国家級名勝地に登録され、国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産にも登録されている。特に土星とのろし台が原形を維持しており山西省内の万里の長城のうち保存価値が最も高いという評価を受けていた。

中国中央テレビは2人が「万里の長城に取り返しのつかない損傷を与えた」と伝えた。

公安当局は万里の長城の正確な損壊程度と追加犯行の有無などについて調査している。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    世界遺産「万里の長城」を掘削機で壊した中国人「近道を作ろうと」

    2023.09.05 14:42
    뉴스 메뉴 보기
    中国人2人が近道を作るために損壊した万里の長城の一部。[写真 右玉県公安局]
    TOP