주요 기사 바로가기

韓国都心で「通り魔事件」14人が負傷…老若男女を問わず(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.08.04 07:15
0
事件現場は修羅場だった。目の前で刃物による騒ぎを目撃した人々は必死に出入り口に向かって走った。

流血事件に広がり、人々の悲鳴が入り混じって平和だった帰り道はあっという間に地獄に変わった。事件発生当時、書峴駅6番出口付近にいたイさん(20)は「午後6時過ぎ、地下鉄に乗りに行こうとしたが、書峴駅の時計塔周辺から突然悲鳴が聞こえた」とし「振り向いてみると、20メートル先である男がナイフを持ってあちこち走り回っていた。とても怖くて『出て行ってください』と叫びながら逃げた」と緊迫した状況を伝えた。百貨店内のある店で働くパクさん(27)は「夕食を取りに行って帰ってくると、書峴駅広場側からナイフが落ちる音が聞こえ、見ると人々が倒れていた」とし「叫びながら飛び出してくる人たちについて私も店のドアの外に飛び出した」と話した。また別の目撃者である百貨店職員40代のイさんは「犯人は見えず、3人が床に倒れていたのを見た。人々は素手やティッシュの束で止血した。負傷者の中に高校生のように見える女性もいて、男性2人が両方から止血した。(けがをした人たちは)顔が青白くなっていた」と当時の状況を伝えた。

 
危険な状況でも刃物に刺された被害者を救うために救急処置に乗り出した人たちもいた。友達2人と事件現場を通っていたユン・ドイル君(18)は、人々が逃げるのを見て、何が起こっているのか気になって時計塔の方に向かう途中で血を流す男性1人と女性1人を発見した。その後、ユン君は被害女性の傷口を塞いで止血を試み、残りの友達は被害女性の一行を安全な場所に避難させたという。ユン君は「ひとまず何もなくて手で血が出るところを防ぎ、カバンで気道を確保した。そうするうちにある方が持ってきてくれたタオルを渡してもらって15分ほどさらに押していたら救急隊が到着した」とし、「止血している間に犯人が私たちの方に駆けつけてきて、警察が追いかけて行ったが、その瞬間私も刺されるかもしれないという思いで怖かった」と話した。同時に「女性だけでなく、30代のように見える男性一人もその近くで血を流しながら叫んで意識を失った」とし「皆生きていてほしい」と付け加えた。

ユン・ヒグン警察庁長は事件発生2時間後の午後8時、警察庁で全国市・道警察庁長のテレビ会議を開き、新林洞(シンリムドン)事件に言及し「いわゆる『通り魔事件』、異常同期犯罪に対する国民の不安が極度に高い状況で、類似した事件が相次いで発生している。かつての犯罪と軌を一にする、事実上の『テロ行為』ともいえる」とし「直ちに集中的な警察力の投入で異常同期犯罪に対する国民の不安を払拭させ、多重密集場所を中心に目に見える活動を強化してほしい」と指示した。

韓国都心で「通り魔事件」14人が負傷…老若男女を問わず(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国都心で「通り魔事件」14人が負傷…老若男女を問わず(2)

    2023.08.04 07:15
    뉴스 메뉴 보기
    京畿道城南市盆唐区書峴駅で車の突進や刃物殺傷事件が発生した。警察は20代の男性1人を緊急逮捕した。現在までに確認された負傷者は14人だ。ソン・ソンベ記者
    TOP