주요 기사 바로가기

「韓国、米国核の傘の懸念拡大受け…両国最高位レベルで戦術核も議論中」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.01.25 17:58
0
韓国と米国の最高位レベルが北朝鮮の核対応策として韓半島(朝鮮半島)への戦術核再配備を含む多様な案を緊密に議論しているとラジオ・フリー・アジア(RFA)が24日に米中央情報局(CIA)出身の専門家の話として報道した。韓国で北朝鮮の核脅威を米国の拡大抑止(核の傘)水準で完全に抑制できるかという懸念が出ている中でこれを緩和しようとする措置の一環と分析される。

報道によると、米ヘリテージ財団のブルース・クリングナー上級研究員は前日に米政策研究所AFPIが主催したオンライン座談会で、現在米高官らが韓国で「3種類のオプション」(米戦術核の韓半島再配備、米国が同盟国に配備した戦術核を該当国と共同運用する核共有協約、韓国の独自核武装化)と呼ばれる北朝鮮の核対応アプローチ法が多様に議論されている状況を真摯に受け止めていると伝えた。

クリングナー上級研究員は「最近韓国を訪問した際に高官や専門家らと会った席で『北朝鮮の核脅威はとても大きいが米国が(拡大抑止)義務を履行するものと期待できない』という話を多く聞いた。これは現在韓国でとても優勢な立場。米国高官らは拡大抑止に対するこうした韓国の懸念を緩和するためさらに積極的に乗り出している」と話した。続けて「米国ができないことが明確にあるためこの懸案はとても慎重に扱われなければならない。現在韓米の最高位レベルで議論されている」と付け加えた。

 
これに先立ち米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)傘下韓半島委員会は18日、米国の戦術核の韓半島再配備の可能性に言及して関連議論に着手すべきと提言している。すぐに戦術核再配備や韓国独自の核兵器開発を許容してはならないという但し書きを付けたりはしたが、米国の主要シンクタンクがこうした可能性を公開で取り上げたのは初めてなので注目された。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP