주요 기사 바로가기

韓国語に戻ったBTS…ビルボード2位が示唆する意味

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.22 08:42
0
BTSが新曲『Yet To Come』で米国ビルボードのグローバルチャート「グローバル200」の2位を占めた。BTSが10日発表した『Yet To Come』は21日発表されたビルボードチャートで米国を除いたグローバルチャートでは1位、米国を含むグローバルチャート(グローバル200)では2位にのぼった。「デジタル・ソング・セールス・チャート」も1位にのぼった。ビルボードが1アカウント当たり一度のダウンロードだけを集計する方式で今年初めに変えてから発売した初めての音源でおさめた成績だ。アルバム販売の量集計チャート「ビルボード200」でアルバム『Proof』は1位を占めた。

ただし、米国を含む全体ソングチャート「ホット100」では10位入りを果たせなかった。BTSは2020、2021年英語で歌った『Butter』『Dynamite』『Permission to Dance』『My Universe』ではビルボードホット100の1位にのぼり、キャリアハイを記録した。昨年、韓国語歌詞『Life Goes On』はホット100の1位にはのぼったが、勢いが続いたわけではない。『Yet To Come』は米国を含むランキングでは唯一リードされた。

ホット100は米国内ラジオ放送点数を加える。ファンダム以外にも、米国内でどれくらい大衆的に人気があり、どれぐらい聞こえるかの点数を付ける構造だ。音源購入、再生回数では米国を含む全世界で最高級であるBTSもまだ米国の一般市場は突き抜けることができなかったわけだ。

BTSは2017年『DNA』で初めてホット100入りを果たした。その後、『MIC DROP』『fake love』『Boy With Luv』などで着実にホット100入りを果たした。「韓国語歌詞でビルボードにのぼった」ということから注目された。その後、英語曲でビルボードホット100で1位を占めたが、韓国語曲はそれだけの成績をあげることはできなかった。評論家のキム・ヨンデ氏は「米国トップ40のラジオで外国語曲をほとんど流さない。曲の歌詞が英語なのかどうかは思ったより決定的な理由」と解説した。

大衆性に必ず執着する必要がないという主張もある。評論家のチョン・ドクヒョン氏は「どうしても(ビルボードは)米国チャートで、米国大衆が好むような要素を備えてこそ可能な面がある」として「すべての曲がそれにあたる可能性もなく、大衆性に執着しすぎてはならない」と話した。評論家のキム・ホンシク氏は「今回1位を占めなかったのがむしろ『BTSは当然1位だろう』という『1位強迫』から抜け出すきっかけになり得る」と評価した。

BTSのRMが「『Butter』や『Permission to Dance』で活動して実際私たちがどのようなチームなのか分からなかった」と吐露しただけに、今回の曲を通じてBTS本来のスタイルに戻ったという点は有意味だ。キム・ホンシク氏は「(新アルバムが)本来のBTSの感じでポップの雰囲気を減らした、BTSらしい冒険をしたと思われる」とし、「その間『1位だけでない』『夢を探せ』と歌ってきたBTSが本来のスタイルを探し、アイドルからアーティストへ向かう一歩を踏み出したとみられる」と話した。

今後「ソロ活動を増やす」と宣言したBTSが個別活動によりかえってファンダムを拡張する可能性もある。評論家のキム・ヨンデ氏は「グループとしてのキャリアはこれより見せられる部分が多くない。ソロで様々な姿を見せれば『チームBTS』のファンでなかった人もメンバー個人のファンに流入する可能性がある」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国語に戻ったBTS…ビルボード2位が示唆する意味

    2022.06.22 08:42
    뉴스 메뉴 보기
    BTSが10日発売したアルバム『Proof』の収録曲『Yet To Come』でビルボード米国除外のグローバルチャートで1位、米国を含むグローバルチャート(グローバル200)では2位を占めた。[写真 Big Hitミュージック]
    TOP