주요 기사 바로가기

「漫画が永遠だと思っていた日本でもKウェブトゥーンブーム」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.29 07:48
0
「他の国で通用しても、出版漫画市場の強い日本だけはウェブトゥーンが通じないだろうと思っていました。ところがあっという間に流れが変わり、今では韓国ウェブトゥーンが日本漫画エコシステムを破壊する側面まであります」。

韓国最初のウェブトゥーン製作会社YLAB(ワイラボ)の創立者、尹仁完(ユン・イナン)氏の言葉だ。1996年漫画『deja-vu 春』でデビューしてから『アイランド』『新暗行御史』などのヒット作を立て続けに世に送り出した尹氏は、ウェブトゥーンが人気を呼ぶと活動の舞台をウェブトゥーンの企画へと広げた。2020年7月から先月まではNAVER(ネイバー)の日本の電子コミック配信サービスプラットフォーム「LINEマンガ」でCCO(最高クリエイティブ責任者)としても活動した。今月11日、2年間の日本勤務を終えてYLABに戻った尹氏とソウル麻浦区(マポグ)のYLAB社屋で会った。

世界漫画市場で日本が絶対強者だった時期から漫画界に身を置いてきた尹氏は「日本でもウェブトゥーンブームが起きている」と最近の流れを要約した。尹氏がLINEマンガのCCOとして在職しながら主に担当していた仕事も日本漫画出版物をベースにウェブトゥーンを作るノウハウを伝授するというものだった。過去、日本でも漫画を連載した経験がある尹氏は「かつて私に編集技術や作品企画の方向を教えてくれた日本の編集者が、今では逆にウェブトゥーンをどのようにしたらうまく作れるのか私に諮問を求めるようになり変化を体感した」とし「6カ月、いや毎月、市場の流れが急変していくのを感じることができるほどだった」と振り返った。

◆日本漫画アプリ、NAVERとカカオが1・2位

日本の漫画アプリ市場ではNAVERの「LINEマンガ」とカカオの「ピッコマ」が日本アプリを抜いて利用率1・2位を占めていて、両業者の年間取引額実績も毎年上昇している。日本経済新聞は22日、「漫画は日本のお家芸――。そんな常識が覆されつつある」と報じたりもした。

尹氏はこのような変化が可能だった理由について「素晴らしい作家たちがいたからというのもあるが、IT企業が攻撃的に世界市場の扉を叩いたから」と分析した。そして「良質の作品を世界の読者に効果的に届けようと努力したかしなかったか、それが韓国ウェブトゥーンと日本漫画市場の最大の違い」という。「『イカゲーム』のようなドラマも、もちろん作品自体も素晴らしいが、Netflix(ネットフリックス)というメディアを通じて世界的に有名になったではないですか。同じように、日本の漫画界が停滞している間、韓国企業がウェブトゥーンを世界にPRするために猛烈に努力した結果がここに現れているのだと思います」

「漫画が永遠だと思っていた日本でもKウェブトゥーンブーム」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「漫画が永遠だと思っていた日本でもKウェブトゥーンブーム」(1)

    2022.08.29 07:48
    뉴스 메뉴 보기
    2年間、LINEマンガCCOとして在職後、自ら創立したYLAB(ワイラボ)に復帰した漫画作家の尹仁完(ユン・イナン)氏は「韓国ウェブトゥーンが日本漫画界の変化をもたらした」と話した。[写真 チャン・ジニョン記者]
    TOP