주요 기사 바로가기

安哲秀議員「独立運動の精神で自ら反省し、未来のための統合政治を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.15 15:10
0
韓国与党・国民の力の安哲秀(アン・チョルス)議員は第77周年光復節の15日、「尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の成功と民生の安定という使命の前に、各個の意見と固執を捨てるべきだ」と主張した。

この日、安議員は自身のフェイスブックに「外部の敵よりも怖いのが内部の分裂」とし、このように明らかにした。

安議員は「与党は国家の未来の責任を負う重大な任務がある」とし「非常対策委員会がやるべきことは和合と安定の土壌を作り出すことだ」と指摘した。続いて「光復節(8月15日、解放記念日)を迎え、独立運動の精神でじっくりと自らを反省し、明日から未来のための統合の政治を進めるべき」と自省論を強調した。

李俊錫(イ・ジュンソク)代表に対する党中央倫理委員会の懲戒から「朱豪英(チュ・ホヨン)非常対策委」公式化まで1カ月以上続いた党内の混乱を収拾し、民生イシューに集中すべきという声と解釈される。

安議員は特に一松・金東三(キム・ドンサム)先生の「国のない体、墓があってどうするのか。私の死んだら遺体を燃やして川に流してほしい。魂だけでも海を飛び回りながら外敵が滅んで祖国が解放される日を見守るように」という語録を引用し、「自身を捨てて祖国の独立と統合のために戦士した崇高な遺志を銘記する」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    安哲秀議員「独立運動の精神で自ら反省し、未来のための統合政治を」

    2022.08.15 15:10
    뉴스 메뉴 보기
    韓国与党・国民の力の安哲秀(アン・チョルス)議員
    TOP