주요 기사 바로가기

「ロシアに警告」 世界最強戦闘機の米F-22「ラプター」がポーランドに向かう理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.29 10:17
0
ロシアのウクライナ侵攻以降、これを牽制する北大西洋条約機構(NATO)の欧州内軍備増強が進む中、世界最強の戦闘機と呼ばれるF-22「ラプター」が近くポーランドに配備される予定だと、海外メディアが報じた。

27日(現地時間)の米軍事専門メディア「ウォーゾーン」などによると、この日、米空軍欧州-アフリカ司令部は米アラスカ州エルメンドルフ・リチャードソン統合基地を離陸したF-22ステルス戦闘機6機が前日午後、英国レイクンヒース空軍基地に到着したという。これら戦闘機は近くポーランドのラスク空軍基地に移され、NATO同盟国の領空を守る任務を遂行する予定だ。

この日、米空軍は「現存するどの戦闘機とも比較できないF-22はバルト海をはじめ、黒海まで強力な盾を提供する」とし「変化して複雑になる安全保障環境で同盟国を守るための米国の献身を見せる」と伝えた。

 
F-22は最高速力がマッハ2.5以上で、強力なステルス(レーダ探知回避)機能を保有する第5世代戦闘機。相手の戦闘機を迎撃する制空戦闘機で、天文学的な製作費用のため200機も生産されていないが、2005年の実戦配備以降、空中戦の最強者として君臨してきた。1000ポンド(453.6キロ)の爆弾2発も装着可能で、空対地任務も遂行できる。2006年にF-15など第4世代戦闘機とした模擬空中戦では144対0の圧倒的勝利を収めた。

この日、米軍事専門メディアのミリタリードットコムは「米国のF-22配備はNATOが国境を見守っているという事実をロシアに警告するものだ」と分析した。先月スペイン・マドリードで開催されたNATO首脳会議で、バイデン米大統領は「欧州の変化した安全保障環境に対応し、NATO同盟の集団安全保障を強化するために米国の準備態勢を強化する」と述べた。

特にポーランドはベラルーシやウクライナと隣接し、ロシアの飛び地のカリーニングラードとも接していて、NATOの最前線と評価される。

ロシアのウクライナ侵攻以降、ウクライナを最も支援する国の一つのポーランドは最近、自国の国防力強化作業も進めている。ポーランド国防省は27日、韓国のK2戦車980両、K9自走砲648両、FA-50軽攻撃機48機など韓国産武器3種を購入する基本契約を締結したと公式発表した。5月にロシアがミサイルで攻撃したウクライナ西部都市ヤボリウはポーランド国境からわずか16キロ離れたところだ。

峨山政策研究院のヤン・ウク副研究委員は中央日報との電話で「ロシアにも第5世代戦闘機スホイ(Su)-57があるが、その能力に対する検証は完成段階でない」とし「F-22の配備は米国が最も強い軍事的手段でNATOを守っているという事実を見せるものだ」と話した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP