주요 기사 바로가기

【コラム】韓国型ロケット「ヌリ号」の打ち上げに359社の宇宙開発企業の未来がかかる(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.14 11:35
0
◇先進国は未来成長動力として育成

世界の宇宙産業は早く成長しているが2020年の宇宙産業規模は前年比4.4%増加した4470億ドルだ。2020年の世界の半導体市場規模が約4390億ドルであることを考慮すれば宇宙産業の規模と国の経済に及ぼす影響、そして成長の可能性をより簡単に理解できる。

このような背景には民間部門の宇宙開発が増加しており、宇宙スタートアップに対する投資と金融が増加しているためだ。したがって各国は宇宙開発を核心政策として推進し国の成長の核心動力として育成するための政策と投資を持続している。米国は最も先に立って未来の国益を確保するために宇宙産業を育成している。中国、日本、英国、オーストラリアも宇宙関連予算を増額して宇宙産業育成政策を強化している。

未来に有望な宇宙産業分野では超小型衛星と衛星で生産される数多くの衛星ビッグデータサービス、そして超小型衛星打ち上げに向けたビジネスが有望だ。スペースX、ブルーオリジンなどはスタートアップから始まり、現在では宇宙市場を先導する世界的宇宙企業に成長した。『宇宙技術産業便覧』によると、世界の宇宙企業の価値総額は4兆ドルを突破しており、2030年には10兆ドルに達する見通しだ。

宇宙開発は全産業に対し広範囲な開発・生産波及効果を及ぼし、衛星を通じた放送・通信産業の場合、テレビ、携帯電話、半導体、衛星受信用機器、GPS受信機の開発と生産で新たな産業が創出される。

◇韓国の宇宙開発企業の90%が中小企業

韓国は15日に2回目の打ち上げが予定される純国産ロケット「ヌリ号」の開発過程で宇宙産業に参加する企業が少しずつ増加している。その中でハンファエアロスペースがヌリ号のロケットのエンジン組み立てと核心構成品であるターボポンプ製作、エンジン試験設備を担当し、現代重工業はロシアと協力したヌリ号打ち上げ当時の経験に基づきヌリ号打ち上げに向けた第2打ち上げ台を建設した。現代ロテムも推進機関試験の設備構築に参加し、衛星保護カバーであるフェアリングは韓国ファイバーが作った。

韓国航空宇宙産業(KAI)も3段ロケットであるヌリ号ロケットの総組み立てを引き受け、現在次世代中型衛星2号の開発を主導して民間衛星開発時代に速度を上げている。小型人工衛星はサトレックイニシアチブが輸出もしてきたがハンファエアロスペースが買収した。小型人工衛星時代がきているだけにこの分野の未来は希望的ということができるが、宇宙産業は全般的に零細企業が大多数である状況だ。

宇宙先進国の素早い動きに比べ韓国の宇宙開発は組織と人材、予算の側面で宇宙先進国と比較して大きく不足する。韓国の宇宙産業規模は2020年基準3兆2610億ウォンで世界の宇宙産業の1%規模にすぎない。韓国の宇宙産業の市場構造は非常に脆弱で、研究開発中心の市場構造で業者同士の市場競争は見つけるのが難しい。宇宙開発企業は359社で、このうち中小企業が89.4%の321社、年間売り上げ10億ウォン未満の企業が63.2%の227社と大多数を占めている。

金慶敏(キム・ギョンミン)/漢陽大学政治外交学科名誉教授

【コラム】韓国型ロケット「ヌリ号」の打ち上げに359社の宇宙開発企業の未来がかかる(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP