주요 기사 바로가기

中国、最新型空母が来月進水…海域統制

ⓒ 中央日報日本語版2022.05.30 17:32
0
中国の3隻目となる空母「003型」が来月3日に進水すると発表された。

中国人民解放軍海軍は当初4月23日の創設73周年記念日に3隻目の空母を進水させる計画だったことがわかった。しかし新型コロナウイルスの感染拡大にともなう上海市封鎖の余波で部品調達に支障が出て日程が延期されたという。

3隻目の空母は2015年3月から建造が始まった。初の空母となった「遼寧」は旧ソ連の技術が使われたディーゼル推進空母で、艦載機を離陸させるのにスキージャンプ方式が用いられた。2隻目の空母である「山東」もやはり遼寧と同じディーゼル推進技術とスキージャンプ方式が使われたが、初めて中国の独自技術で建造した空母だ。3隻目も空母には電子式射出機(カタパルト)が初めて搭載された。カタパルトは空母の甲板から艦載機を射出する設備だ。

中国は米国の中国牽制に対抗して海軍力強化に拍車をかけている。2035年までに6隻の空母を確保し米軍の空母戦団が台湾海峡から1000キロメートル以内に入ってこられないようにする海軍力を備えることを目標にしている。短期的には2030年までに最小4個の空母戦団を構築し世界で2番目の大洋海軍を育成する計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP