주요 기사 바로가기

ミサイル撃たずロシア戦闘機を撃墜…ウクライナの空中戦の秘密

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.24 07:56
0
「制空権は味方の攻撃の自由と敵の攻撃からの自由を得るための前提条件だ。ウクライナが領空を失ってはいけない理由だ」(退役米空軍中将デビッド・デブトーラ氏)

1カ月前にウクライナ侵攻を始めたロシア軍の停滞の原因に、ウクライナの必死の制空権(空軍力で特定地域の空中を支配する能力)死守が挙げられている。こうした中、ニューヨークタイムズ(NYT)は22日(現地時間)、「劣勢のウクライナ空軍がロシア戦闘機に反撃する秘訣」と題した記事で、制空権を奪われないために奮闘するウクライナ空軍の姿を伝えた。

保安を理由に階級などを明らかにしなかった25歳のウクライナ空軍パイロットのアンドリエ氏によると、毎晩格納庫に待機したパイロットが出撃命令と同時に5倍以上のロシア空軍機がある空に向かって離陸する。アンドリエ氏の機体はスホイ(su)-25超音速戦闘機だ。10代で空軍パイロットを目指し、ハルキウ(ハリコフ)空軍大学を卒業したアンドリエ氏は、今回の戦争で10回の任務遂行を終えて生還した。

しかしアンドリエ氏は「私より経験豊富な同僚が多数戦死した」とし「自分が戦闘に行くことになるとは考えていなかったが、世の中は思い通りにならない」と話した。

現在ウクライナの上空では現代戦では珍しい映画『トップガン』式の空対空対決が繰り広げられている。両国のパイロットが相手を感知すれば空対空ミサイルを発射して避けるという形だ。差があるとすれば、ロシアの主力機はスホイ-34、スホイ-35など新型戦闘機で、ウクライナはそれに比べて古いスホイ-27、ミグ(MiG)-29などを主に使用している。

一日の航空機出撃回数もロシアが約200回、ウクライナが5-10回と、絶対的な戦力は比較不可能だ。アンドリエ氏は「ロシアとの戦闘で平等というものはない」とし「毎回出撃するたびに本当の戦闘をするために出ていく」と語った。

こうした戦力の差を克服するためにウクライナのパイロットは「おとり」になることをためらわない。ウクライナ軍がロシア航空機を撃墜する方法は直接的な交戦よりも、味方の防空システムがあるところに誘引することだ。

ウクライナ空軍のイナト報道官はNYTのインタビューで「我々の領土で作戦をしているのでウクライナは空中で効果的に対応してきた」と伝えた。ウクライナ政府は22日、これまで99機のロシア航空機を撃墜したと主張した。ウクライナ国民もボランティアメンバーネットワークを形成し、ロシア航空機を観察して座標と速度を共有するなどウクライナ空軍を支援している。

NYTは「開戦から1カ月の時点で最も大きな異変は、ロシアがウクライナ空軍を制圧できていないこと」とし「ウクライナ空軍は地上の陸軍を保護し、ロシア軍のより大規模な爆撃を防いでいる」と評価した。デビッド・デブトーラ航空宇宙研究所長(元米空軍中将)も「ウクライナのパイロットが優れた技量で数的劣勢を克服している」と述べた。

とはいえ、毎日激しい交戦が続き、ウクライナ空軍の被害も累積している。戦争の前、ウクライナ空軍の使用可能な戦闘機数は約100機と評価されたが、デブトーラ所長によると現在の使用可能機数は約55機に減っている。防空システムの被害も相次いで報告されている。最近ロシア軍は約300回に航空機出撃回数を増やし、ウクライナ主要都市に向けた爆撃を強化している。

ウクライナのゼレンスキー大統領はこれまで米国など西側に戦闘機支援を繰り返し要求してきたが、ロシアとの直接衝突の可能性などを理由に実現していない。ただ、米国防総省のカービー報道官は21日、「米国が長距離対空ミサイルシステムを含め、ウクライナに防御能力を提供するために他国と協議中」と明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ミサイル撃たずロシア戦闘機を撃墜…ウクライナの空中戦の秘密

    2022.03.24 07:56
    뉴스 메뉴 보기
    ウクライナの首都キーウ(キエフ)近隣に墜落したウクライナ空軍機su(スホイ)-25の残骸 [ツイッター キャプチャー]
    TOP