주요 기사 바로가기

中国空母のヘリ発艦後、日本航空自衛隊の戦闘機が緊急発進

ⓒ 中央日報日本語版2021.04.28 10:48
0
日本防衛省統合幕僚監部によると、26日午後7時ごろ空母「遼寧」ミサイル駆逐艦、高速戦闘支援艦など計6隻の中国軍艦艇が宮古島の南側約160キロ海上で北東に航海するのを海上自衛隊が確認した。

27日午前、「遼寧」の早期警戒ヘリコプター1機が尖閣諸島の東端・大正島から北東50-100キロ付近を飛行すると、日本航空自衛隊の戦闘機が緊急発進した。

これに先立ち中国は今月3日、空母戦闘団を台湾の北側海域を通過させ、米国・日本に向けて武力示威をした。日本防衛省統合幕僚監部は翌日の報道資料で、3日午前8時に長崎県男女群島の南西約470キロの海域で中国の空母「遼寧」など6隻の艦艇を海上自衛隊が見つけたと発表した。6隻は「遼寧」のほか、055型「南昌」、052D型「成都」「太原」、054A型護衛艦「黄岡」、901型総合補給艦「呼倫湖」で、沖縄本島と宮古島の間の海域を南下し、西太平洋に進入した。

中国海軍の高秀成報道官は5日夜、海軍公式ウェイボー(微博)で「『遼寧』空母編隊が年間任務計画に基づき台湾周辺海域で定例訓練中」とし「今後、中国海軍は計画に基づき類似の訓練を常時進行する」と宣言していた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国空母のヘリ発艦後、日本航空自衛隊の戦闘機が緊急発進

    2021.04.28 10:48
    뉴스 메뉴 보기
    米第7艦隊所属のイージス艦「マスティン」の艦長(左)と副艦長(右)が、海上訓練中の中国空母「遼寧」を両足を欄干にのせたまま監視している。 [写真=米海軍]
    TOP