주요 기사 바로가기

ドーピング議論のワリエワ、3月に世界選手権出場

ⓒ 中央日報日本語版2022.02.23 10:26
0
北京冬季五輪でドーピング議論を起こしたカミラ・ワリエワが3月のフィギュアスケート世界選手権大会に出場する予定であることわかった。

ロシアのスポーツメディア、チャンピオナットが23日に伝えたところによると、禁止薬物の陽性反応を見せたワリエワは3月21日にフランスのモンペリエで開催される国際スケート連盟(ISU)フィギュアスケート世界選手権に出場する意向を持ち練習に臨んでいる。

このメディアは「ワリエワが五輪を終えて再び猛練習に入った。3月3~4日にソチで開かれる国内大会に出場した後、世界選手権にも出る予定だ」とし、現在すべてが順調に進んでおり世界選手権出場も可能な見通しと伝えた。

世界アンチドーピング機構(WADA)とロシアアンチドーピング機構(RUSADA)はワリエワのドーピング規定違反と関連した深層調査を始める予定だが結論が出るまでは少なくとも6カ月から1年がかかるものとみられる。アンチドーピング専門家のデビッド・パボット教授はAFP通信とのインタビューで「今回の事件がスイス連邦裁判所まで行くならば終了に数年かかるだろう」と予想した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ドーピング議論のワリエワ、3月に世界選手権出場

    2022.02.23 10:26
    뉴스 메뉴 보기
    北京冬季五輪フィギュアスケート女子シングルに出場するカミラ・ワリエワが14日に公式練習中に転倒している。キム・ギョンロク記者
    TOP