주요 기사 바로가기

韓国海洋水産部、福島原発汚染水を懸念して海洋放射能検査強化

ⓒ 中央日報日本語版2022.02.04 14:37
0
日本福島原発汚染水の海洋放流に関連して国民の懸念が高まっている中、政府が海洋放射能調査を強化する。

海洋水産部は国家海洋環境測定網の構成・運営計画を変更・告示し、全国沿岸海域の海洋放射能調査を従来39カ所から45カ所に拡大し、2カ月に1回ずつ調査する主な定点を従来の13カ所から22カ所に増やすと4日、明らかにした。

その間海水部は海を通過する放射性核種の国内流入に対する国民の不安を減らすために海洋放射能調査頂点を拡大してきた。済州(チェジュ)や南海(ナムへ)・東海(トンヘ、日本名・日本海)海域に位置している主な定点に対しては、調査周期を半期(6カ月)に1回から最大2カ月に1回に強化した。

今年は済州沿岸に海洋放射能の調査定点を6カ所追加し、2カ月単位で調査対象となる主な定点も13カ所から22カ所に拡大する一方、大韓海峡沿岸と東海沿岸の中に位置した4カ所の定点に対しては水層別調査も実施する。

同時に、今回の分析対象となる放射性核種を拡大する。海水に溶存されているかもしれない放射性ストロンチウム(90Sr)を分析対象の核種に追加し、海水に対しては計7項目を分析し、海洋生物の場合、貝殻類だけでなく魚類に対する放射性セシウム(134Cs、137Cs)分析も実施する計画だ。

海水部のカン・ジョング海洋環境政策課長は「福島原発汚染水の海洋放流に関連して国民の懸念が大きいだけに、わが海に対する放射能調査をさらに具体的に、早急に行われるように取り組む」として「調査・分析結果もホームページを通じて迅速かつ透明に公開する予定」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国海洋水産部、福島原発汚染水を懸念して海洋放射能検査強化

    2022.02.04 14:37
    뉴스 메뉴 보기
    福島原発に面する海。[中央フォト]
    TOP