주요 기사 바로가기

北朝鮮「地対地戦術誘導弾を試験発射」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.28 09:56
0
北朝鮮が前日(27日)の地対地戦術誘導弾と25日の長距離巡航ミサイルの試験発射に成功したと、朝鮮中央通信が28日報じた。

朝鮮中央通信はこの日、「国防科学院は25日と27日に、長距離巡航ミサイル体系更新のための試験発射と、地上対地上(地対地)戦術誘導弾の常用戦闘部の威力確証のための試験発射をそれぞれ進行した」と明らかにした。続いて「発射された2発の戦術誘導弾は目標の島を精密打撃し、常用戦闘部の爆発の威力が設計上の要求を満たしたことが確証された」と伝えた。

25日に発射された巡航ミサイルについても成功を知らせた。メディアは「発射された2発の長距離巡航ミサイルは朝鮮東海(トンヘ、日本名・日本海)上の設定された飛行軌道に沿って9137秒(2時間35分17秒)飛行し、1800キロの目標の島を命中した」とし「長距離巡航ミサイル体系の実用的な戦闘的性能は国の戦争抑止力強化の一翼をしっかりと担うことになる」と強調した。

韓国軍の合同参謀本部は27日午前、北朝鮮が咸鏡南道咸興(ハムフン)から北東側の東海上に短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体2発を発射した、と明らかにした。合同参謀本部はミサイル飛行距離を約190キロ、高度を20キロと探知した。この日の発射は新年に入って6回目の武力示威で、25日の巡航ミサイル発射から2日ぶり。

また、北朝鮮が20日に核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射猶予(モラトリアム)の撤回を検討すると示唆して以降、最初の弾道ミサイル発射だ。

一方、北朝鮮は金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が軍需工場を視察したと明らかにしたが、日時と場所は公開しなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP