주요 기사 바로가기

「国連がワクチン支援打診…北朝鮮はファイザー・モデルナに関心」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.17 09:00
0
国連が北朝鮮と新型コロナワクチン支援のために協議中だと、韓国政府筋が16日明らかにした。

匿名を求めた政府筋は「国連関係者が昨年10月と11月のニューヨークチャンネルを通して北朝鮮と接触し、ワクチン支援のために議論した」とし「国連は北朝鮮に6000万ドーズ(6000万回接種分、1億2000万ドル相当)のワクチンを支援する考えを伝え、北朝鮮はこれを上部(平壌)に報告して返答を待っていると把握している」と説明した。ワクチン6000万回は、幼児を除いた北朝鮮住民がブースターショットを含めて3回接種できる分量。

接触は平壌にいる国連傘下機関で勤務した経歴がある幹部級と金星(キム・ソン)国連大使が進めたという。別の情報筋は「国連の提案を受けた金大使は平壌(ピョンヤン)に報告すると言いながら『ワクチンの種類がファイザーかモデルナか』と問い返した」と伝えた。国連側が推進している北朝鮮支援ワクチンの種類は決定していないという。

こうした北朝鮮の反応は、国際ワクチン供給プロジェクトCOVAXが北朝鮮にワクチンを配分した当時とは異なる姿だ。COVAXは昨年3月から順に811万5600回接種分のアストラゼネカ製ワクチンを配分した。しかし北朝鮮はこれに対する公式的な反応を見せなかった。北朝鮮は昨年8月にCOVAXが配分した中国産ワクチンのシノバック297万回分については「コロナで深刻な影響を受ける国々に再配分してもかまわない」とし、事実上の拒否する考えを明らかにした。中国産(シノバック)や英国産(アストラゼネカ)など相対的に効果が落ちる新型コロナワクチンを拒否または留保した北朝鮮が、米国産のワクチンに対しては積極的な受け入れる立場を表している。

国連のワクチン支援提案には韓国と米国の共感があったという。別の政府当局者は「朴智元(パク・ジウォン)国家情報院長が昨年5月に訪米した際、米高官に北へのワクチン支援を提案したと聞いている」とし「その後、米国と国連が関連内容を協議したが、国連レベルのワクチン支援が行われる場合、韓国政府はどんな役割ができるかを検討中」と説明した。

先月、国家安保戦略研究院が主催したグローバルインテリジェンスサミットに出席した朴院長は「米国がもう少し大胆に自国のワクチンを与えると提案すれば、北側が対話の場に出てくるモメンタムが生じると考える」と述べた。この2年間「セルフ封鎖」をしてきた北朝鮮も統制防疫を緩和する意向を表し、列車運行を再開するなど制限的な国境開放に進む動きを見せていて、ワクチン外交が実現するかどうかが注目される。

14日に平安北道義州(イジュ)で列車から弾道ミサイルを発射した北朝鮮は武力示威の後、新義州(シンウィジュ)から中国丹東に列車を送り、国境を一部開放する動きを見せた。

北朝鮮が年初から相次いでミサイルを発射し、米国が北朝鮮制裁で対抗する中、北朝鮮へのワクチン支援が行われるかどうかは流動的だという指摘もある。北朝鮮は5日と11日にそれぞれ極超音速ミサイルを発射すると、米財務省外国資産管理室は12日(現地時間)、北朝鮮大量破壊兵器と弾道ミサイル開発に関与した北朝鮮国籍者6人を制裁リストに追加した。これは北朝鮮のミサイル発射に関連するバイデン政権の最初の制裁だ。

米国務省のプライス報道官は「我々の武器庫(arsenal)にも多くの道具がある」と述べ、対応の程度を高めた(現地時間13日)。

ただ、米国は依然として北朝鮮への人道的支援は外交問題と別という立場であるうえ、米国内部でも新型コロナワクチンが北朝鮮を対話テーブルに呼び出す案になるという見方が出ている。米ワシントンポストのコラムニストは15日(現地時間)、「ますます危険になる外交的な膠着状態を打開する新しく創意的な案になるかもしれない」とし、北朝鮮へのワクチン支援で米朝関係の突破口を開くことを提案した。

米戦略国際問題研究所(CSIS)のビクター・チャ韓国部長は「金正恩(キム・ジョンウン)委員長は世界のすべての指導者のように国民にワクチンを接種する方法を知ることを望む」とし「過去にはなかった人道主義的な開放の可能性もあり、これは広範囲な安保交渉につながることも考えられる」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP