주요 기사 바로가기

米国「パートナー国とワクチン共有」…韓国は含んで日本は除外の訳は

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.04 07:53
0
米国のジョー・バイデン政府が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチン2500万回分(1回接種分)を、韓国を含むパートナー・隣国と共有する詳しい内容を公開した。

バイデン大統領は3日(現地時間)、声明を通じて「われわれはすでにカナダ、メキシコと400万回分以上のワクチンを共有し、6月末までに米国が8000万回分のワクチンを世界と共有すると発表した」とし「そのうち2500万回分をどのように割り当てるのか、その細部事項を提供する」と明らかにした。

2500万回分のうち1900万回分はコバックス(COVAX)を通じて共有される。ラテンアメリカやカリブ海地域約600万回分、南アジアおよび東南アジア約700万回分、アフリカ約500万回分などだ。

バイデン大統領は「600万回分以上になる残りの分量は新型コロナ患者が急増している国、危機に陥った国、そしてカナダ、メキシコ、インド、韓国などの隣国およびパートナー国と直接共有する」と説明した。

バイデン大統領はこれに先立ち、韓国にジョンソン・エンド・ジョンソン系列会社のヤンセンワクチン101万回分を提供することで約束し、該当ワクチンは日本時間で5日午前1時ごろ、城南(ソンナム)ソウル空港に到着する予定だ。

◆4カ国には直接言及…日本は外れる

バイデン大統領が直接言及したカナダとメキシコは隣国を、パートナー国はインドと韓国を指すものとみられる。米国のもう一つのパートナー国である日本は今回のワクチン支援対象から脱落した。

これに先立ち、日本政府は菅義偉首相が訪米中だった4月18日、ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)と電話会談を行い、同社の新型コロナワクチン追加供給の約束を取り付けたと明らかにした。それから約1カ月後の先月14日、日本政府は5000万回分のワクチンの追加供給を受ける契約をファイザー社と正式に締結したと発表した。これにより、ワクチン支援対象から日本は除外されたとみられる。

一連のことをまとめると、訪米外交の成果として文在寅(ムン・ジェイン)大統領は100万回分の無償ワクチン提供を引き出した一方、菅首相は米国企業と5000万回分の有償ワクチン契約を結んだと分析することができる。

日本は東京オリンピック(五輪)の支持を取り付けるために「ワクチン外交」を展開している。菅首相は2日、コバックスに8億ドル(約880億円)を追加提供すると明らかにした。日本の総支援金は10億ドルで、米国に続き2番目に多くの資金を提供する国となる。

日本共同通信は、菅首相が11~13日に英国で開かれる主要7カ国(G7)首脳会議で日本の貢献を強調し、五輪開催に対する支持を得ようとしていることを意味すると報じた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国「パートナー国とワクチン共有」…韓国は含んで日本は除外の訳は

    2021.06.04 07:53
    뉴스 메뉴 보기
    ジョー・バイデン米大統領
    TOP