주요 기사 바로가기

英大学研究陣「マスク着用の異性、実際より魅力的に見える」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.15 11:11
0
男女を問わずマスクを着用した異性が実際よりも魅力的に見えるという研究の結果が出てきた。

13日(現地時間)の英日刊ガーディアンによると、英カーディフ大の研究陣はマスク着用者に対する好感度を2回にわたり調査した結果、マスクで顔の半分を隠す場合、より魅力的だという評価を受けることが分かったと伝えた。

研究チームは昨年2月の研究で女性43人に対し、マスクを着用していない男性、布マスクを着用した男性、青のデンタルマスクを着用した男性、黒の本で顔の下部を隠した男性の写真を見せた後、1-10の魅力度評価をしてもらった。

その結果、マスクを着用した場合、マスクを着用しない場合や顔を本でマスクほど隠した場合よりも高い評価を受けた。特にマスク着用の場合でも使い捨てのデンタルマスクの場合、魅力度がさらに高いことが分かった。

カーディフ大のマイケル・ルイス心理学副教授は「医療用マスクを着用した場合、さらに魅力的という評価を受けた」とし「青の医療用マスクを着用する医療従事者を見慣れていて(マスクを)医療従事者と関連づけるためかもしれない」と述べた。

研究陣はまだ発表していないが、男性を相手にマスクを着用した女性の魅力度を調査した研究でも似た結果が出たという。

研究を主導したマイケル・ルイス博士は別の研究結果にも表れているように誇張を繰り返す脳の作動原理が関連している可能性があると指定した。マスクを着用すれば関心が目に集中するが、脳が隠れている顔の部分を埋めながら全体を過大評価するという説明だ。

またルイス博士は新型コロナのパンデミックのためにマスクに対する社会的認識が変わったという点にも注目した。

ルイス博士は「今回の研究結果は、マスクを見れば病気や忌避人物を連想するパンデミック前とは異なる」とし「パンデミックのためにマスク着用者を認識する心理が変わった」と述べた。ルイス博士は「進化心理学と関連がある」とし「共に過ごす異性を選ぶ場合、疾病との関連は重大な拒絶理由だが、もう我々の心理は変わった」と説明した。

新型コロナをきっかけにマスクを着用した人に対する認識が変化したということだ。以前はマスクを着用する人を見ると「病気かもしれないので避けるべき」という認識があったが、今はそのような認識を持ちにくい。

ルイス博士は医療用マスク着用者が布マスク着用者より魅力的に感じる理由については、医療従事者に対する好感があるためと分析した。ルイス博士は「最近は誰もが青のマスクを着用した医療従事者をよく見ている」とし「危険だと感じる時、医療用マスクを見ると安心するため、医療用マスク着用者が良い印象を与える」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP