주요 기사 바로가기

外信「北朝鮮の弾道ミサイル発射、非核化交渉に関心がないという信号」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.06 07:07
0
北朝鮮が弾道ミサイルの発射で新年初めて武力示威を行ったことに対して、外信は近いうちに交渉に復帰する意向がないという信号だと分析した。

AP通信は5日(現地時間)、北朝鮮大学院大学のキム・ドンヨプ教授の発言を引用して、北朝鮮が極超音速ミサイルや核搭載が可能なKN-23ミサイルを発射した可能性があると指摘した。同時に、「近いうちに非核化交渉に改めて合流することに関心がなく、むしろ武器増強に焦点を合わせるという信号」とした。

AFP通信は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記が最近労働党全員会議で米国に全く言及せず弾道ミサイルが発射された点に注目した。韓国国家戦略研究院のシン・ボムチョル外交安保センター長はAFPに「北朝鮮は米国に『われわれは変わらないし、米国が降参しなければならない』というメッセージを送っていること」と診断した。

ワシントンポスト(WP)は文在寅(ムン・ジェイン)大統領が新年の辞で平和のための最後の試みを約束して数日後に弾道ミサイルが発射されたと指摘した。文大統領は3日、新年の辞で「機会があれば、最後まで南北関係の正常化と取り返しのつかない平和の道を模索するだろう。次の政府でも対話の努力が続いてほしい」と述べた。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は北朝鮮の弾道ミサイル発射数時間後、文大統領が東海(トンヘ、日本名・日本海)線江陵(カンヌン)~猪津(チェジン)鉄道建設事業の着工現場を訪ねたと明らかにし、文大統領が北朝鮮のミサイル発射で緊張感を高める恐れがあることを認めながらも北朝鮮に対話への復帰を促したと伝えた。

合同参謀は韓国時間で5日午前8時10分ごろ、北朝鮮慈江道(チャガンド)一帯から東海上に弾道ミサイル推定の発射体1発をとらえたと明らかにした。昨年10月19日、新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を潜水艦で試験発射したことを基準にすれば78日ぶりだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP