주요 기사 바로가기

「病床だけ無理に作って何になる…今年だけで医師・看護師が206人辞めた」=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.24 10:08
0
「病床は何とかして用意するといいますが、そもそも患者を世話する医療スタッフがいません。2年間使命感でやってきた医師・看護師が『もうこれ以上耐えられない』と言って相次いで辞職願いを出します」

ソウル医療院のチョン・グァンヒョン行政副院長は22日、中央日報とのインタビューでこのように吐露した。ソウル医療院は昨年1月30日、韓国で5人目の感染者の治療を皮切りに、2年間にわたって新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の担当病院として運営してきた。その間、中浪区(チュンナング)本院と江南(カンナム)分院、生活治療センター2カ所で2万375人の新型コロナ患者が入院治療を受けた。韓国内の医療機関のうち最も多い新型コロナ患者を世話したことになる。新型コロナ事態の開始と共に任期をスタートしたチョン副院長はその業務を「医療スタッフではないが、彼らが他のことに気を使わずに診療に没頭できるように支えること」と説明した。2年間で医療院で発生した感染者は10本の指で数えられるほど少ない。チョン副院長は「2000人余りの職員が共に努力してくれたおかげ」としながら「内部感染者の発生時には動線を一つひとつ把握するなど追加感染遮断のために努めている」と説明した。

チョン副院長に会った日、韓国政府は新型コロナ病床拡充計画を発表した。感染者が連日増加し、病床不足によって重症患者と死亡者が日々最多記録を更新している状況でだ。金富謙(キム・ブギョム)首相はこの日、「一日1万人の感染者が出ても治療可能な水準で病床を拡充する」とし、ソウル医療院など公共病院を空けてコロナ専門担当病院に切り替えると明らかにした。ソウル医療院(本院基準)の許可病床は655床だが、現在一般病床は208床だけを運営している。残りの病床はすでに285床を新型コロナ専門担当病床として運営している。17日、ソウル市と協議して担当病床80床を追加で増やすために一般患者を退院・転院させて準備していたところ、これに加えて「病院疎開令」が下された。

チョン副院長は「一般の新規患者を受け入れなくなって久しく、入院中の患者を退院・転院させる作業も努力して何とかすることはできるが、医療スタッフの脱出ラッシュは防ぐことはできない」と話した。チョン副院長は「戦時状況なので耐えてきたが、2年経過しても好転する兆しが見えないため、皆疲労困憊している」としながら「医療スタッフを『あなたのおかげで』とおだてるが、これ以上個人に犠牲を強いるべきではない」と話した。

「病床だけ無理に作って何になる…今年だけで医師・看護師が206人辞めた」=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「病床だけ無理に作って何になる…今年だけで医師・看護師が206人辞めた」=韓国(1)

    2021.12.24 10:08
    뉴스 메뉴 보기
    ソウル医療院のチョン・グァンヒョン行政副院長が22日午後、同院で中央日報とのインタビューに答えている。チャン・ジニョン記者
    TOP