주요 기사 바로가기

バイデン大統領「オミクロン株による封鎖はない…ワクチン接種とマスク着用を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.30 10:21
0
米国のジョー・バイデン大統領は29日(現地時間)、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の新たな変異株「オミクロン」による封鎖措置はないだろうとし、米国人のワクチン接種を奨励した。

バイデン大統領は、差し当たって既存のワクチンが効果があるように見えるが、もしオミクロン株対応のために新しいワクチンが必要な場合は、製薬会社と共に迅速に開発すると述べた。デルタ株など他の変異株の流行時には「新しいワクチン」への言及はなかった。

大統領はこの日、ホワイトハウスで行った対国民談話でオミクロン株は「懸念の要因であって、パニックになる要因ではない」としつつ、「混沌と混乱ではなく、科学と知識に基づく行動と速度でこの変異株と戦う」と述べた。

バイデン大統領は「新たな変異株や他のいかなる変異株についても最善の保護はワクチン接種を完了し、ブースターショットを打つこと」と勧告した。

バイデン大統領は、既存のワクチンがオミクロン株に対して一定の保護効果があると紹介した後、まだワクチンを打っていない人は接種し、接種を完了した人はブースターショット(追加接種)を受けるよう促した。

しかし、バイデン大統領は現在使用中のワクチンがオミクロンに対してどれほど強力な保護を提供するか判明するには数週間かかるとし、論理的に明快でなかったという指摘が出ている。

バイデン大統領は、大統領の最高医療アドバイザーを務めるアンソニー・ファウチ米国立アレルギー感染病研究所長と医学諮問団は「既存のワクチンが重症化予防と追加保護機能を継続して提供すると信じている」と伝えた。

バイデン大統領は室内と公共の場でマスクを着用するように促した。また、今のところは封鎖政策を議論していないと述べた。

ワクチンを接種し、公共の場でマスクをすれば、封鎖政策は必要ないと予想した。この日から実施された南アフリカなどアフリカ8カ国からの外国人入国禁止以外に追加的措置や米国内の旅行制限は検討していないと述べた。

ジェン・サキ・ホワイトハウス報道官も、オミクロン株対応のための封鎖措置の可能性に関する質問に、「シャットダウンもロックダウンも起こらないと予想する」と答えた。

バイデン大統領は、「必要であれば」オミクロン株に対応するための新型コロナワクチン開発を加速すると約束した。

バイデン大統領は「追加措置が必要だとはまだ考えていない」と強調した後、もし必要な場合のためにファイザー、モデルナ、ジョンソン・アンド・ジョンソンなどワクチン製造会社とすでに協力していると説明した。

必要に応じて新しいワクチンが承認され、使用できるように、手順を守りつつも最速の方法を見出すように食品医薬品局(FDA)と疾病管理予防センター(CDC)に指示するとした。

バイデン大統領は南アフリカがオミクロン株の出現をいち早く公開し、他の国々が迅速に対処できたと評価し、米国が海外にワクチンを共有しないためにオミクロン株を育てたという一部の主張は断固として否定した。

バイデン大統領は「南アフリカを含め、その地域に相当量のワクチンを提供した」とし、「事実、南アフリカにはこれ以上ワクチンは必要ない。彼らは人々の腕に注射を打つことに問題を抱えており、接種をためらう現象もある」と話した。ワクチンは十分だが、南アフリカが接種を効率的に行えなかったという意味だ。

この発言について、サキ報道官は「特定の政権や指導者を批判しようとするものではない」とし、国ごとに保健医療体系の構造的違いがあり、米国も経験しているワクチン拒否現象に言及したものと説明した。

バイデン大統領は来年9月までにワクチン11億回の接種分を世界中に寄付する計画を再確認し、「世界の人々に接種させることは結局、米国人の保護にも役立つ」と強調した。

バイデン大統領は来月2日、オミクロン株を含め、冬季の感染者急増に対処するための戦略を打ち出す計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    バイデン大統領「オミクロン株による封鎖はない…ワクチン接種とマスク着用を」

    2021.11.30 10:21
    뉴스 메뉴 보기
    ジョー・バイデン米国大統領
    TOP