주요 기사 바로가기

イタリア初のオミクロン感染者、妻と子も陽性

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.30 09:14
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の新たな変異株「オミクロン」の感染者がイタリアでも発見された。

スカイニュースなど現地メディアによると、27日(以下、現地時間)イタリアで初めてオミクロン株の陽性判定を受けた男性の妻と2人の子供も共に変異ウイルス陽性判定を受けた。この男性と家族は自己隔離中で、特別な症状はないことが分かった。イタリアの保健当局は、男性の国内移動経路を確認している。

イタリアのエネルギー企業「エニ」(Eni)の職員とされるこの男性は、業務のためにモザンビークに滞在していたが、定期健康検診のために一時帰国したという。男性は12日、モザンビークの首都マプートを出てローマ・フィウミチーノ国際空港に到着し、続いて居住地がある南部ナポリ付近の村に移動したことが分かった。男性は、マプートに戻るために受けた新型コロナ検査でオミクロン株の陽性判定が出るまで、約2週間の間、感染の事実を知らずに日常生活と長距離旅行をしたものと推定されている。男性の感染経路も分かっていない。

イタリア保健当局は、男性の感染経路を把握するための精密疫学調査を行っている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    イタリア初のオミクロン感染者、妻と子も陽性

    2021.11.30 09:14
    뉴스 메뉴 보기
    オミクロン株のスパイク3Dイメージ(右側の四角の中)はオミクロン株でスパイク部分イメージだけを別途表示した。金宇柱(キム・ウジュ)教授は「丸い形のウイルスから突起部分のスパイクだけを別に取り外してイメージを実現したものと理解してほしい」と説明した。[写真 世界保健機関ホームページ、バンビーノ・ジェズ病院ツイッターキャプチャー]
    TOP