주요 기사 바로가기

半導体不足で韓国の自動車生産13年ぶりの不振、ツーソンは9カ月待ち

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.18 08:46
0
7-9月期の韓国の自動車生産台数がこの13年で最も少なくなった。車載用半導体不足にともなう余波だ。半導体不足で生産工場が稼動できなくなり生産台数が急減した。

韓国自動車産業協会(KAMA)が17日に明らかにしたところによると、7-9月期の韓国の自動車生産台数は76万1975台と集計された。これは新型コロナウイルスの影響を受けた昨年7-9月期の92万1583台より20.9%減少した数値だ。7-9月期の生産台数としては2008年7-9月期の76万121台以降で最も少ない。2008年は金融危機により生産台数が大幅に減った年だった。

現代自動車は7-9月期に35万209台を生産し、前年同期の41万5992台から15.8%、起亜は7-9月期に32万1734台を生産して前年同期の34万4212台から6.5%減少した。韓国GMは今年7-9月期に4万5939台を生産した。これは昨年7-9月期の10万2747台の半分にも満たない台数だ。双竜自動車は7-9月期に2万499台を生産し前年同期の2万6164台から21.7%減少した。

唯一生産台数が増えたルノーサムスンは3万3760台を生産し、前年同期の3万1537台より7%増加した。ルノーサムスンは欧州で人気の「XM3」などに半導体を含んだ部品を優先して供給している。

こうした生産台数減少は半導体不足にともなう工場稼動中断が主要原因に挙げられる。現代自動車は先月に半導体不足から「ソナタ」と「グレンジャー」を生産する牙山(アサン)工場の稼動を5日間中断した。蔚山(ウルサン)第4工場の一部生産ラインも一時的に中断した。韓国GMは富平(プピョン)第1・第2工場の稼動率を通常の半分水準で維持している。双竜自動車も半導体不足により生産台数を調節している。半導体不足は工場稼動中断から車両出庫遅延につながっている。現代自動車「ツーソン」の場合、出庫まで9カ月以上待たなければならない状況だ。

生産台数減少ショックは車載用半導体を主に生産する東南アジア地域の新型コロナウイルス感染拡大と関連があると分析される。マレーシアとベトナムなどは7-9月期に新型コロナウイルスのデルタ株流行により工場封鎖などに出た。

車載用半導体不足は世界の自動車市場の地図も変えている。ソフトウエア修正などで不足する特定半導体部品の代わりに他の部品に速やかに変えるのに成功したテスラは7-9月期に24万1300台を出庫し四半期基準で最大の出庫量を記録した。フォルクスワーゲンのヘルベルト・ディース最高経営責任者(CEO)が14日に開いた経営陣会議で「テスラが世界的な半導体不足状況で独自のソフトウエアを利用し3週間で危機を克服する姿が印象深かった」と話すほどだ。トヨタ自動車はゼネラルモーターズ(GM)を抜いて7-9月期に米国市場で自動車販売台数1位に上がった。自動車市場調査会社オートフォーキャスト・ソリューションズ(AFS)は半導体不足による生産支障が今年約850万台に達すると予想した。

半導体不足にともなう自動車生産台数の減少は来年も続く見通しだ。市場分析会社LMCオートモーティブは2022年の世界自動車生産見通しをこれまでの9110万台から8260万台に9.3%引き下げて最近発表した。メルセデス・ベンツのオーラ・ケレニウスCEOは先月の記者懇談会で「(世界的な半導体不足現象は)来年まで影響を与え2023年に緩和されるだろう」と予想した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    半導体不足で韓国の自動車生産13年ぶりの不振、ツーソンは9カ月待ち

    2021.10.18 08:46
    뉴스 메뉴 보기
    半導体不足で韓国の自動車生産13年ぶりの不振、ツーソンは9カ月待ち
    TOP