주요 기사 바로가기

大物狙う特許怪物、サムスン電子が主な標的に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.27 16:05
0
米国の特許資産管理会社(NPE)の5G IPホールディングスは今月1日、米国テキサス州にサムスン電子を相手に訴訟を起こした。同社の無線通信特許3件をサムスン電子がスマートフォンとタブレットPCに無断盗用したと主張した。アイルランドのNPEであるスクラモジも1日、サムスン電子が自社の無線充電技術特許を侵害したとして訴訟を提起した。スクラモジは今年4月にもサムスン電子に対して6件の訴訟を起こした。

アイルランドのソンレイメモリは先月、米国テキサス州でサムスン・LGエレクトロニクスを相手に特許訴訟を起こした。米国国際貿易委員会(ITC)は3日、この訴訟に対する調査に着手した。ITCが提示した調査期限は45日だ。業界では来月中にITCの調査結果が出るとみている。

海外で韓国企業を対象にした特許訴訟が相次いでいる。26日、与党「共に民主党」の辛正勲(シン・ジョンフン)議員が特許庁から提出させた資料によると、2017年以降、韓国企業20社は米国で707件の特許訴訟を起こされた。特許訴訟提起を主体別にみると海外NPEが530件(75%)、海外メーカーが177件(25%)だった。このうち提訴者が訴訟を取り下げたのは406件(57.4%)、裁判所が訴訟の却下または棄却を決めたのは113件(16%)だった。現在、168件(23.8%)の訴訟が進行中だ。

辛議員は「韓国企業が『特許怪物』の手当り次第的な訴訟提起で困難を経験している。NPEはとりあえず訴訟を起こして企業経営活動を圧迫する形をみせている」と話した。大韓弁理士会のパク・スングァン先任研究官は「特に米国における特許紛争は費用と時間があまりにもかかりすぎる。(裁判所の)最終審まで行く前に両側が合意して訴訟の取り下げで終える場合が多い」と伝えた。パク氏は「NPEはこのような点を狙って無差別的に訴訟を起こす戦略を使う」と付け加えた。

2017年以降、米国でサムスン電子を相手にした特許訴訟は413件だった。訴訟主体別にはNPEが315件、メーカーが98件だった。同じ期間、韓国企業を相手にした特許訴訟の半分以上(58.4%)がサムスン電子を狙っといえる。このうち提訴者が訴訟を取り下げたのは245件だった。現在107件の訴訟が進行中だ。裁判所の判決が下された訴訟のうちサムスン電子が勝訴したのは3件で敗訴は13件だった。

匿名を求めた財界関係者は「サムスン電子が保有する特許だけで20万件を超える。相対的に特許訴訟が多いこともあるがサムスン電子がNPEの主なターゲットでもある」と話した。パク氏は「カネ目的に特許を買いとって訴訟を起こすNPEは主に規模が大きい市場プレーヤー(選手)を狙う」と伝えた。

LGエレクトロニクスは2017年以降、米国で199件の特許訴訟を起こされた。このうち提訴者が訴訟を取り下げたのは118件で現在進行中の訴訟は34件だ。裁判所の判決が下された訴訟中でLGエレクトロニクスが勝訴したのは1件で、敗訴はない。同じ期間、米国で現代自動車を相手にした特許訴訟は11件だった。現在7件の訴訟が行われている。

ハンファを相手取った特許訴訟は11件、現在進行中の訴訟は2件だ。セルトリオンは海外メーカーから9件の訴訟を起こされた。このうち提訴者が訴訟を取り下げたのは4件だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大物狙う特許怪物、サムスン電子が主な標的に

    2021.09.27 16:05
    뉴스 메뉴 보기
    Galaxy(ギャラクシー) S22の予想イメージ。[写真 レッツゴーデジタル]
    TOP