주요 기사 바로가기

<大リーグ>大谷、103年ぶり大記録に「赤信号」…腕の痛みで登板見送り

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.17 15:24
0
メジャーリーグ(MLB)で投打を兼業する「野球の天才」大谷翔平(27、LAエンゼルス)が103年ぶりの大記録達成を控えて危機を迎えた。MLBドットコムは17日(日本時間)、「大谷は18日のオークランド・アスレチックス戦に先発登板する予定だったが、腕の痛みのため見送られた」と伝えた。

エンゼルスのジョー・マドン監督は現地取材陣のインタビューで「痛みが早めに引けば今後の登板に問題はない。しかしいかなる痛みでも長く続くなら、残りのシーズンに大谷がまた投球できるかは確信できない」と述べた。続いて「(最近、打撃が良くない)大谷に『投手と打者のうち一つを中断するのはどうか』と尋ねたが、大谷は『大きな問題はないので2つとも続けたい』という立場だった」と伝えた。

大谷は今季、投手・打者として共に最高のシーズンを送っている。打者では17日までに本塁打44本を放ち、MLB全体で3位。トップのウラジミール・ゲレロ・ジュニア(トロント・ブルージェイズ)、サルバドール・ペレス(カンザスシティ・ロイヤルズ、ともに45本)と1本差だ。盗塁も23個で、20本塁打-20盗塁クラブに入った。

投手としても21試合に先発登板し、9勝2敗、防御率3.36をマークしている。115イニング1/3を投げてで136奪三振。1勝を追加すれば、1918年のベーブ・ルース(13勝・11本塁打)以来103年ぶりの2けた勝利・本塁打達成となる。

ただ、突然の腕の痛みで先発登板が回避され、シーズン10勝に向けた疾走にブレーキがかかった。シーズンを通して超人的なレースを続けてきた影響か、最近はやや疲労した姿が見られる。マドン監督は「今のところ大谷がいつマウンドに復帰するかは確答できない」と話した。

投球は不可能だが、打撃には問題がない。激しい本塁打王レースを続けることは可能だ。大谷は17日、シカゴ・ホワイトソックス戦に3番・指名打者で先発出場し、4打数2安打1得点をマークした。エンゼルスは9-3で勝利した。

大谷が9回、死球で出塁する過程でホワイトサックスのブルペン投手マイク・ライト・ジュニアが退場となるハプニングもあった。ライトは大谷の内角を攻め続け、結局、脚にボールを当てた。ホワイトソックスのラルーサ監督は「故意でなかった」と審判に抗議し、共に退場となった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP