주요 기사 바로가기

<大リーグ>「本塁打トップ」大谷、なぜ「デビュー戦」韓国人投手からバントヒットを狙ったのか

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2021.04.28 11:29
0
メジャーリーグデビュー戦に臨んだ韓国人投手の梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジョン、33、テキサス)が初安打を許したのは、日本人メジャーリーガーの大谷翔平(27、LAエンゼルス)だった。

梁ヒョン種は27日(日本時間)、米テキサス州アーリントンのグローブライフフィールドで行われたLAエンゼルス戦で、テキサスが4-7とリードされた3回表二死二、三塁の危機で登板した。

5回までLAエンゼルスの強力打線(全体2位)を相手に7打者連続で凡打処理をしていた梁ヒョン種は、6回表、メジャーで初めて被安打を記録した。

梁ヒョン種の凡打行進にブレーキをかけたのは大谷だった。それまでこの日2打数1安打1四球だった大谷は梁ヒョン種との最初の対戦で奇襲バントをし、安打をマークした。テキサス内野陣が左打者の大谷に対応して右側にシフトしていたが、大谷がこれを逆に利用したのだ。打球は内野手がいないところに転がり、梁ヒョン種が捕球して処理するのは難しかった。どうすることもできない打球だった。

「二刀流」大谷は27日現在、アメリカンリーグ本塁打トップタイ(7本)で、長打率は0.675で3位。当然、テキサスは奇襲バントに対応していなかった。試合後、大谷もバントに関する質問に「普段はバント練習をそれほど多くしない」と語った。

大谷がバントをしたのは梁ヒョン種の好投にブレーキをかけるためだった。大谷は「向こうの中継ぎの投手も素晴らしく、なかなかこっちもリズムをつかめなかったので、ああいうときはきれいなヒットよりも虚をつくようなヒットの方が効果的ではないかなと思った」と明らかにした。自身も投手としてマウンドに立つだけに、相手投手のリズムを崩すための選択ということだ。梁ヒョン種としては嫌な安打だったが、それだけ大谷が球威を認めたということだ。

梁ヒョン種はこの日、4イニング1/3を5被安打(1被本塁打)1奪三振2失点に抑え、メジャーデビュー戦で好スタートを切った。スポーツイラストレイテッド(SI)は「梁ヒョン種は2点を許したが、非常に良いデビュー戦をした」と評価した。トロント所属の韓国人投手の柳賢振(リュ・ヒョンジン)は「おめでとう」という言葉を伝えた。

テキサス球団のジョン・ブレイク広報担当副社長は「梁ヒョン種はテキサスの選手のうち、メジャーデビュー戦で1989年のスティーブ・ウィルソン(5イニング1/3)に次いで2番目に多くの救援イニング(4イニング1/3)を投げた」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP