주요 기사 바로가기

「空手」崔倍達の弟子…日本俳優の千葉真一さんコロナで死去

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.20 07:56
0
日本武術界を制した在日韓国人武道家・崔倍達(日本名・大山倍達、1922~94)の弟子だった俳優の千葉真一さんが新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)で死去した。享年82歳。

日本共同通信は19日、千葉さんが千葉県内の病院で新型コロナウイルスによる肺炎で死去したと報じた。

千葉さんは先月末、コロナに感染した。自宅療養中に病状が悪化し、今月8日、千葉県内の病院に入院した。隔離病室で酸素吸入装置を着けて治療を受けていたが、息を引き取った。

所属事務所によると、千葉さんはワクチンを接種していなかったという。

千葉さんは映画『キル・ビル』(2003年)、『ワイルド・スピード』シリーズの第3作目『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006)など多数のハリウッド映画に出演した。

韓国では「崔倍達の弟子」として知られる、日本の伝説的なアクション俳優だ。

本名は前田禎穂、米国ではソニー千葉の名で知られていた。

千葉さんは1939年に福岡で生まれ、オリンピック体操競技出場を目標に日本体育大学に入学したが、怪我で夢を断念した。

その後、極真空手を創始した崔倍達の弟子になり、人生のターニングポイントを迎えた。

崔倍達は牛を片手で制したという伝説的武道家だ。日本全国を回り、柔道、剣道、合気道などあらゆる流派の武術の達人を制圧した。素手で牛と対決し、岩より堅いという角を折った逸話も有名だ。

千葉さんは崔倍達の門下で武術の力を磨き、1960年代に日本映画界にアクション俳優として入門し、1970年代後半に師・崔倍達の一代記を描いた映画3部作で主人公・大山倍達役で出演し、本格的な演技活動を始めた。

大山倍達は、日本に定着した崔倍達が倍達民族の韓国人であることを忘れないという意味で名付けた日本名だ。

アクションスターとして日本で地位を固めた千葉さんは、海外にも進出してニュー・ライン・シネマが配給した『激突!殺人拳』(1974)に出演し、米国ハリウッド映画界で有名になった。

また、クエンティン・タランティーノ監督の『キル・ビル』でヒロイン(ユマ・サーマン扮)の復讐を助けるために刀を作る「服部半蔵」役で出演し、人気を集めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「空手」崔倍達の弟子…日本俳優の千葉真一さんコロナで死去

    2021.08.20 07:56
    뉴스 메뉴 보기
    千葉真一さん(左)と崔倍達[ツイッター キャプチャー]
    TOP