주요 기사 바로가기

感染者4分の3がワクチン接種済み…米マスク指針を変えた「衝撃」の資料

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.02 10:17
0
ワクチン接種先頭グループの一つだった米国が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)再拡大で再び「感染1位国」に返り咲いてしまった。米国は今月に入り、一日の感染者数5万人を超えて、再び世界で新規感染者数が最も多い国になった。インドは一日新規感染者数 4万人台を維持している。

1日、統計サイト「Worldometer」によると、先月31日の米国の新規感染者数は約5万1000人で世界で最も多かった。同日、インドは約4万1000人となって2位だった。米国は新規感染者数の一週間平均も最も多かった。過去一週間、米国は約38万人が陽性診断を受けた。インドネシア(約29万人)、英国(約28万人)、インド(約26万人)が米国の後に続いた。特に米国は新型コロナ新規感染者数が前週に比べて38%増加し、英国は逆に33%減って減少傾向を示した。

米国は緊急事態だ。ワシントン・ポスト(WP)の31日の報道によると、米疾病対策センター(CDC)は最近、マサチューセッツ州の調査の結果、新型コロナ感染者の4分の3がワクチン接種を完全に受けた人だったというデータを発表した。調査対象者469人のうち346人がモデルナやファイザーなどmRNAワクチンを2回接種しているか、ヤンセンワクチンを打って予防接種を完了したケースだった。米国NBC放送によると、調査対象者だった新型コロナ感染者469人はバーンスタブル郡プロビンスタウンで開かれた大規模なサマーイベントに参加した人々だった。参加者のうち標本(133人)を選んで調査した結果、90%からデルタ株が確認された。デルタ株による「突破感染」事例だ。

これはワクチン接種を終えた人々も新型コロナに感染したり、ウイルスを伝播したりする場合があることが数値として表れた事例だ。マサチューセッツ州の事例はCDCがマスク指針を更新するための重要な発見だったとCDC局長のロシェル・ワレンスキー博士は明らかにした。ワレンスキー博士は先月30日の声明を通じて「今回の発見を懸念している」としながら「デルタ株が以前の変異株とは違う、独特の動きを見せている」と話した。これに関連し、米エモリー大学ワクチンセンターのウォルター・オレンスタイン副所長は「ワクチンを接種した人々がワクチンを打たなかった人と同じくらい多くのウイルスを排出するというデータに衝撃を受けた」とWPに話した。

もちろんマサチューセッツ州の事例がワクチン接種の効用を否定するわけではない。米国保健当局は「米国で新型コロナ症状で入院した患者の97%と死亡者の99.5%がワクチン接種を受けなかった人々」と強調した。CDCはマサチューセッツ州の事例はデータに限界があると付け加えた。

これに先立ち、CDCはワクチン接種を終えた人々も室内でマスクを着用するよう改めて勧告した。これはワクチン接種を終えた人はマスクをしなくてもいいという以前の指針を覆すもので、CDCは指針を変えながらその根拠になるデータを明らかにしていないとし批判を受けた。

WPなど米国メディアが入手して報道したCDC内部の文書によると、米国でワクチンを接種しても新型コロナに感染する突破感染事例は毎週3万5000件と推算される。米国でワクチンを接種した人口は約1億6200万人になる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP