주요 기사 바로가기

「イスラエル、練習もせずに段ボールベッド壊すから韓国に負けるんだ」日本反撃(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.30 16:20
0
◆段ボールベッドに対する相反する評価と論争

選手村の段ボールベッド論争は17日、米国陸上選手のポール・チェリモのツイートが注目されて始まった。チェリモはツイッターに「段ボールベッド」の写真を掲載して「ファーストクラスにも乗れず段ボール製ベッドで寝ることになった」とし「誰かがベッドで小便でもしたら、箱が濡れてベッドが崩れるだろう。決勝戦前夜なら最悪だ」とコメントした。

続いてアイルランド代表の体操選手リース・マクレナハンはベッドが丈夫であることを証明するためにベッドでジャンプする姿を撮影して公開した。マクレナハンは「このベッドが『性関係防止ベッド』のために段ボールで製作されたという話がある。見た目は動きが激しければ壊れそうだが、これはフェイクニュースだ」と説明した。

その後、東京五輪公式ツイッターはマクレナハンのツイートをシェアして感謝のメッセージを伝えた。

だが、その後も段ボールベッドに対する相反する評価と論争が続いた。ニュージーランドのボート選手マイケル・ブレークは21日、ベッドに座ると同時にベッドがへこむと爆笑する様子をSNSに投稿した。

ニュージーランドの競泳選手のルイス・クレアバートはベッドの中に3等分されているマットレスを見せて「プラスチックのようだ」と質感を説明したりもした。

反面、同日オーストラリアのフィールドホッケー選手たちは5人がベッド上に座ってもびくともしない様子を公開した。選手3人がベッドで勢いよくジャンプする様子も投稿した。ゴールキーパーのレイチェルアン・リンチは「段ボールベッドに対する疑問が提起されていたので、この部分を試してみることにした」とし「ベッドは活動するのに十分に強いことを確認した」と明らかにした。

◆ベッドメーカー代表「技術を詰め込んでいるのはマットレス」

論争が大きくなると、日本の日刊スポーツはベッドメーカーである「エアウィーヴ」の高岡本州会長(61)にインタビューをした。

高岡氏は「アンチセックスベッド」論争に対して「まず、びっくりしたのはSNSの威力ですね。段ボールで作ってあるのは、そういう行為をさせないためというのは、ちょっと勘違いなんですが」とし、マットレスの上でジャンプして安全を立証したマクレナハン選手に言及しながら、「ありがとう。秘密は上のベッドマットレスにあるから、そこもよく見ておいてね」とツイッターでコメントを返したと紹介した。

高岡氏は段ボールは脆弱なイメージがあるという質問に対して「それは誤解でして、木材やスチールなども試し、最も耐衝撃性があったのが段ボールでした。200キロまで耐えられます。マクレナハン選手のようにジャンプする実験は、もっと重い人でもやってます」とし「『段ボールかよ』という言い方されるのはしょうがないです。理解が深まる途中のプロセスだと思ってます」と話した。

高岡氏は「いま厳しい状況で開催されるので、もちろん反対意見もたくさんあります。ちょっとみんなが喜べないようなこともある」としたうえで「今回の話題が、1つのアイスブレイクになればいいなと。緊張を解かしてくれるものになってほしいと思っています」と締めくくった。 「イスラエル、練習もせずに段ボールベッド壊すから韓国に負けるんだ」日本反撃(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP