주요 기사 바로가기

「看護師を派遣してほしい」 韓国、重篤患者2倍に急増…病院は悲鳴(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.29 08:20
0
京畿道南楊州市(キョンギド・ナムヤンジュシ)現代病院は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)患者を集中的に受け入れている病院、いわゆる「拠点専門担当病院」だ。この病院は最近、看護師が利用するインターネット掲示板に急きょ求人広告を出した。集中治療室・手術室・病棟・人工腎臓室などの経歴職・新入看護師資格と年俸などを提示した。ここに「新型コロナ感染病の地域社会拡大を予防して良質の診療を提供するために最善を尽くしています。看護師皆さん、支援が必要です」と明示した。看護師の善意を引き出すための要請文だ。

この病院には109床のコロナ専門病床がある。第4波前は20人ほどが入院していたが、今は68人に急増した。重篤患者病床25床のうち22床がすでに埋まっている。そのため看護師10~20人が追加で必要だ。突然入院した感染患者もストレスを受け、彼らの不満を受け止めなければならない看護師はさらに重いストレスを受ける。一部の患者は「ソウルの大きな病院に移してほしい」「室内温度が合わない」などの問題を提起する。コロナ病棟看護師60~70人のうち10人が疲労の累積を訴えて辞職願を出した。

そのため急きょ求人広告を出したが、コロナ専門病院のためなのか反応が乏しいという。キム・ブソブ院長は「政府から人材支援を受けるべきか悩んでいる。だが、支援人材に来てもらう場合、教育を受けて適応するために時間がかかり、すでにいる人材との間に葛藤が生まれるので、できるだけ新規採用したいと思っている。新しい看護師が来たら非コロナ病棟を任せて、今いる人材をコロナ病棟に移動させる」と話した。キム院長は「政府が看護人材手当を新設したというが、こういったものより社会的な激励と支持が必要だ」と話した。患者が増えて防護服の費用などが上昇するのも負担としてのしかかる。

新型コロナ感染者が連日最高値を更新し、現場では医療スタッフ不足に悲鳴を上げている。感染者が増えたため入院患者が急増している。28日、重篤・重症患者は286人で、7日第4波開始以来最も多い。今月5日(139人)、6日(144人)の2倍を超えている。重篤・重症患者は固有量(多量)酸素治療・人工呼吸器・ECMO(体外式膜型人工肺)などが必要だ。彼らよりも症状が軽い準重症患者や中等度患者(酸素治療必要)などの入院も大幅に増えている。

中央事故収拾本部の孫映レ(ソン・ヨンレ)社会戦略班長は28日のブリーフィングで「昨日は4人の患者が亡くなった。重篤症患者が1週間前214人から286人に急増したことが影響を及ぼしたとみられる」と話した。政府は2381人の医療人材を派遣して治療と検査を支援していると説明する。ここには生活治療センター・臨時選別診療所・予防接種センターなどに派遣した人材が含まれていて、コロナ病棟から人材不足の悲鳴が出ている。 「看護師を派遣してほしい」 韓国、重篤患者2倍に急増…病院は悲鳴(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「看護師を派遣してほしい」 韓国、重篤患者2倍に急増…病院は悲鳴(1)

    2021.07.29 08:20
    뉴스 메뉴 보기
    昨年12月、ソウル中浪区(チュンナング)新型コロナ専門担当病院であるソウル医療院のコ・ノヨン看護師(25)が感染者の病棟に行く前に保護服を着て祈っている。キム・サンソン記者
    TOP