주요 기사 바로가기

コロナ、若ければ大丈夫?重症患者の統計にひと月で大きな変化=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.28 15:00
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)第4波開始後、重症患者が大きく増えている。特に若年層の割合が増え、50代以下が10人中6人の割合を占めている。専門家は、感染者の規模が大きくなれば時差を置いて重症患者が増えるおそれがあると警告してきたが、懸念が現実となっている。それでも、高齢層でワクチン接種の効果が出て、感染者の発生が抑制されたため、全体の重症化率(感染者中、重症化または死亡した割合)は大きく上がっていない状態だ。

27日、韓国疾病管理庁中央防疫対策本部によると、同日基準で新型コロナ重症患者は269人だ。重症患者とは、高流量酸素療法、人工呼吸器、ECMO(エクモ、体外式膜型人工肺)、CRRT(持続的腎代替療法)などで隔離治療中の患者を指す。ひと月前の先月28日の141名と比べると2倍に近い。ワクチン接種で全体的な重症化率が低下し続けたにもかかわらず、新規感染者が連日1000人台となるなど、前例のない増加を見せ、重症患者も増加しているとみられる。重症患者は、今月中旬には150人前後を維持していたが、20日には200人台に増えた後、右肩上がりの曲線を描いている。200人台の重症患者は2月以来初めてだ。

特に若年層の増加が顕著だ。同期間、重症患者のうち50代以下が占める割合は26.2%(37人)から59.1%(159人)と2倍以上に跳ね上がった。最近、新規感染者で50代以下が91%を占めるほど、第4波は比較的若い層が主導しているが、このように感染者の規模自体が大きくなったため、重症患者も連動して増加しているものとみられる。

一方、重症患者の60歳以上の割合は27日現在、40.9%の水準だ。60歳以上の高齢層は上半期に優先接種対象者となり、相当数が少なくとも1回は接種した。60~64歳は81.3%、65~69歳84.9%、70~74歳は86.5%が、それぞれ1次接種を終えた状態だ。75歳以上は2次接種まで終えた割合が82.9%に及ぶ。こうしたことから、感染者の割合も低下し(27日現在8.9%)、感染しても重症・死亡につながるケースが少ないものとみられる。高齢層高リスク群を中心に接種の効果が出ているのだ。

政府は、60歳以上の患者の発生を抑制したおかげで、重症化率が大きく上がっていないものと分析している。22日、防疫対策本部が公開した資料によると、月ごとの重症化率は4月以降減少し、2%台を維持している。重症化率が最も高かったのは昨年9月で5.90%まで上昇したが、先月2.22%に低下した。特に最近3週間(6.20~7.10)を分析したところ、60歳以上の重症化率は約半数に減少(10.1%→4.8%)した。防疫対策本部は、「第4波に入った状況でも重症化率が低いのは、60歳以上の高齢者対象の積極的な予防接種の実施により高リスク患者の発生を抑制した結果と分析する」と説明した。

同期間、60歳未満も1%台の重症化率を維持しているが、患者数が急増(3251人→6801人)したことから、同年齢層の重症患者と死者数が約2倍に増加(40人→77人)したと当局は分析した。重症化率が1%というのは、若年層の感染者100人中1人以上は、重症化する可能性があるということだ。

防疫対策本部は、「60歳未満の年齢層で重症化率が1%台を維持するなど、軽い疾患とはみなし難い」とし「ワクチン接種完了まで社会的距離の確保や防疫守則を徹底して守ってほしい」と求めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP