주요 기사 바로가기

「段ボールベッド使っている」韓国家具メーカー代表が見た「アンチセックス」嘲弄の真実(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.27 10:17
0
◆家具を1~2年だけ使う? 紙の家具、悪くない」

パク代表は2011年東日本大震災避難所で初めて段ボールベッドを知った後、「段ボール家具」の製作を始めた。2017年エコスタートアップ「ペーパーポップ」に名称を変更して規模を拡大してきた。今は職員13人が段ボールでできたベッドフレームや机、椅子、パティーションなどを作っている。

段ボール家具の主要顧客はすぐに引っ越しする単身世帯、大型行事を控えた企業などだ。パク代表は「環境を考えた時は良い家具を買って20年以上使うのが最も良い」としながらも「ワックスやコーティング処理された高級家具はリサイクル率がとても低くて問題」と指摘した。パク代表は「1~2年だけ使うベッドなら、100年間腐らない家具よりも段ボールベッドのほうがはるかに良い選択だと考える」と話した。

◆韓国人には馴染みがなくても、海外では有名メーカーも製作

段ボール家具は韓国の人々には馴染みが薄いが、海外ではそんなに珍しいものではない。最初の段ボール家具としては1970年代米国の著名建築家フランク・ゲーリーが作った「段ボール椅子」が挙げられる。1990年代には日本の建築家でありプリツカー賞受賞者である坂茂氏が段ボール家具を製作した。2010年代には「強い紙」を加工する技術が開発されて日本・欧州を中心にメーカーが増えたという。グローバル家具メーカーであるスウェーデンのイケア、日本の無印良品なども紙で作った製品を開発し始めた。

韓国専門家が見るとき、五輪に段ボールベッドが登場したのは新鮮な衝撃だ。パク代表は「五輪のような一時的なイベントで紙ベッドを使ったのは環境的に非常に適切な選択」としながら「段ボールベッドが木材や鉄製家具よりも品質的にも大きく遅れを取っていない事実が広く知られるきっかけになってほしい」と話した。 「段ボールベッド使っている」韓国家具メーカー代表が見た「アンチセックス」嘲弄の真実(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「段ボールベッド使っている」韓国家具メーカー代表が見た「アンチセックス」嘲弄の真実(2)

    2021.07.27 10:17
    뉴스 메뉴 보기
    今月25日、段ボール家具メーカー「ペーパーポップ」のパク・デヒ代表が京畿道河南(キョンギド・ハナム)工場でAP段ボールを見せながら説明している。ピョン・グァンヒョン記者
    TOP