주요 기사 바로가기

東京五輪、開幕後に中止?…前代未聞の事態になる可能性高まる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.21 13:53
0
東京オリンピック(五輪)が大会開催途中に中断される前代未聞の事態が起きる可能性がある。

ヤフースポーツは20日(現地時間)、「東京五輪組織委員会は依然と五輪中止の可能性を排除しないでいる」と伝えた。組織委の武藤敏郎事務局長はこの日の記者会見で「今の段階では感染拡大するかもしれないし、収まるかもしれない。具体的にはそういう状況が出てきた時に考える」と述べた。

開幕が2日後に迫っているにもかかわらず、依然と中止に対する話が出ている。このような状態なら大会開幕以降に中断される状況に陥る場合もある。昨年から世界新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)パンデミックが続き、東京五輪を中止するべきだという世論が優勢だった。現在でも日本内でも東京五輪開催に対する反対の声が大きい。最も防疫が徹底されているという選手村からさえも新型コロナ感染者が報告されている状況だ。

にもかかわらず、国際オリンピック委員会(IOC)が五輪を開催するのは五輪中継権料とスポンサーシップが莫大な収入源であるためだ。中継権料は全体五輪収入の73%、スポンサーシップは18%に達する。最大の中継権社である米国NBCは今大会に死活をかけている。新型コロナの「巣ごもり」に疲れた人々が激しい競争が繰り広げられる五輪を多く視聴するだろうと見込んでいる。

ところが今大会のスポンサー企業は東京五輪開催に複雑な表情を見せている。次々と開会式への出席を拒否している。19日にはトヨタ自動車の豊田章男社長が開会式不参加を宣言し、続いて日本電信電話株式会社(NTT)や日本電気株式会社(NEC)のほか、電子機器メーカーの富士通も幹部の不参加を決めた。日本航空(JAL)も事実上不参加側に傾いている。トヨタ自動車は五輪期間中、五輪に関連する日本国内のテレビ広告も保留することにした。

スポンサーまで関心のない五輪となったが、五輪関係者の間で新型コロナ感染者が続出するなら、急きょ大会が中断される可能性もある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    東京五輪、開幕後に中止?…前代未聞の事態になる可能性高まる

    2021.07.21 13:53
    뉴스 메뉴 보기
    東京オリンピック(五輪)開幕まであと4日と迫った19日、大韓民国選手団が宿泊している東京晴海地域の五輪選手村の様子。[写真 オリンピック写真共同取材団]
    TOP