주요 기사 바로가기

アストラ製の残余ワクチン接種後に血栓症で死亡の30代、ワクチンとの因果性初めて認定=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.21 18:00
0
新型コロナウイルスワクチン接種後に血小板減少症を伴う血栓症で死亡した事例に対し、防疫当局がワクチンとの因果性を正式に認めた。2月26日に韓国で新型コロナウイルスワクチンの接種が始まってからワクチンと死亡の因果性が認められた初の事例だ。

鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長は21日、中央防疫対策本部の定例会見で「予防接種被害調査班会議で新規死亡事例12件を審議した結果、血小板減少を伴う血栓症で診断された事例1件に対し因果性を認めた」と明らかにした。

◇ワクチンと死亡の因果性を認める初の事例

今回因果性が認められた死亡者は30代の男性で、先月27日にアストラゼネカの残余ワクチンを接種した。この男性は接種9日後から激しい頭痛と吐き気が発生し、上級病院で血栓症の確認に向けた抗体検査をした結果、陽性と明らかになった。その後集中治療室で治療を受けたが意識低下などが現れ、16日に死亡した。当時防疫当局は死亡の事実を明らかにしながら被害調査班による審議手続きを踏みワクチンとの因果性を確認すると説明していた。

鄭庁長は「アストラゼネカやヤンセンのワクチンなどウイルスベクター方式のワクチンの場合、接種後4日から4週間後に血栓症が発生する可能性がある。その期間には関連症状が現れるかモニタリングが必要で、疑われる症状が現れる場合、すぐに医療機関の診療を受けてほしい」と呼びかけた。血栓症疑い症状としては、激しい頭痛と吐き気や視野狭窄などの神経学的症状のほか、呼吸困難や胸の痛み、持続的な腹痛み、腕や足のむくみなどがある。

◇再審の1件が「4-1」に該当…1000万ウォンの支援可能

一方、この日中央防疫対策本部は被害調査班会議で死亡事例12件とともに新規重症異常反応42件を審議したと発表した。このうち41件は該当疾患とワクチンとの因果性を認めにくいと評価され、1件は医務記録など追加資料を補完して再議論することに決めたと明らかにした。

ただ先の会議で再審議をすることにした2件のうち1件に対しては、因果性根拠が不十分な事例(4-1)と判断されると説明した。該当患者は70代の男性で、4月24日にファイザー製ワクチンの接種を受け、21日経過後に脊髄炎の診断を受けた。「4-1」は、異常反応を誘発した所用時間に蓋然性はあるがワクチンとの因果性根拠が不十分なケースだ。補償対象からは除外されるが、最大1000万ウォンの医療費支援を受けることができる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アストラ製の残余ワクチン接種後に血栓症で死亡の30代、ワクチンとの因果性初めて認定=韓国

    2021.06.21 18:00
    뉴스 메뉴 보기
    21日、大田市内の予防接種センターでファイザー製ワクチンを接種した高齢者と社会必須人材などの市民が異常反応観察のため休息している。キム・ソンテ記者
    TOP