주요 기사 바로가기

韓国のアストラ製1回目の接種者76万人、2回目はファイザーで交差接種…物量を先に使ったせいで接種に支障

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.18 08:09
0
来月韓国でも新型コロナ予防交差接種が初めて実施される。4月アストラゼネカ(AZ)で1回目の接種を行った76万人が対象となり、彼らは2回目の時期が到来する7月中にファイザーで2回目の接種を受ける。新型コロナ予防接種は同じワクチンを接種するのが原則だが、当局は彼らに接種するアストラ製の物量が足りないため、このような決定を下した。免疫効果が高く安全性にも大きな問題がないというのが政府の立場だが、一部では1回目の接種者を増やそうとして2回目の接種に支障が生じたのではないかという指摘も出る。安全性を懸念する声もある。

17日、新型コロナ予防接種対応推進団(推進団)が発表した7-9月期のワクチン接種計画によると、来月アストラ製の2回目の接種者は109万人で、この中で4月中旬以降アストラ製ワクチンを打った訪問介護従事者、議員・薬局従事者、警察・消防・海上警察など社会必須人材76万人はファイザーで2回目の接種をする。ただし、交差接種対象者の中でアストラ製希望者は1~2週間遅れてもアストラ製ワクチンが確保され次第に接種させる方針だ。

その間、当局は交差接種の可能性を検討しながらも科学的根拠が不足するという理由などをあげて慎重な立場を見せてきた。

今月初めにはアストラ製を接種した医療関係者100人を対象にファイザー製ワクチンを投与した後、中化〇抗体による異常反応などを調べる研究を進めると明らかにしたことがあるが、結果はまだ公開されていない。

韓国国内で研究結果が出る前に海外の研究などを根拠に交差接種の許容方針を明らかにしたのは、直ちに2回目の接種者に接種するアストラ製ワクチンの物量が足りないためだ。政府は接種約3カ月で1回目の接種者が1400万人を超えるなど上半期の目標を超過達成したが、2回目の接種に使うワクチン物量を残さずほとんど先に使ったので2回目の接種に支障が生じた。導入日程がこじれるとすぐに不足分が発生した。

推進団のチョン・ウンギョン団長はこの日、記者会見で「コバックスのアストラ製ワクチン83万回分が6月末に導入され、2回目の接種に活用する予定だったが、7月以降に遅れるにつれ予防接種専門委員会の審議を経て一部の対象に対してファイザー製ワクチンで2回目の接種を施行することにした」と話した。チョン団長は「日程が遅れるよりは交差接種で進めたほうが効果や安全性で適切だという専門家の意見があった」と説明した。

現在、交差接種を許容した国は、カナダ・スウェーデン・ドイツ・フランス・フィンランド・イタリアなどだ。韓国専門家の意見は分かれる。大韓ワクチン学会のマ・サンヒョク副会長は「原則的に交差接種はダメだ。効果の持続力と異常反応など考えることは多いのに根拠がとても不足する」と懸念を示した。高麗(コリョ)大学医大予防医学科のチェ・ジェウク教授も「科学的な根拠が不明な中で公式に交差接種を政策化したのは早すぎる決定」と話した。

大きく懸念するようなことではないという主張もある。高麗大学安山(アンサン)病院感染内科のチェ・ウォンソク教授は「海外で公開された資料によると、免疫反応が悪くなく熱が出て筋肉痛を訴えるなどの異常反応がちょっと多いという結果もあるが、そうではない結果もある。受け入れられる水準」と話した。翰林(ハンリム)大学聖心(ソンシム)病院呼吸器内科のチョン・ギソク教授は「信頼するしかない。ワクチンがなくて打たないのも理解できない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国のアストラ製1回目の接種者76万人、2回目はファイザーで交差接種…物量を先に使ったせいで接種に支障

    2021.06.18 08:09
    뉴스 메뉴 보기
    大田(テジョン)のある予防接種センターを訪ねた高齢者がワクチンを接種するために順番を待っている。フリーランサーのキム・ソンテ
    TOP