주요 기사 바로가기

アストラゼネカを690万人に接種した英国みると…「接種後死亡」、韓国とほぼ変わらず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.09 08:49
0
「0.003%」

英国でアストラゼネカ新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンを接種した後に死亡した比率だ。英国は1月4日(現地時間)からアストラゼネカ・ワクチンの接種を開始した。約1カ月後の2月14日、国民690万人がこのワクチンを打ち、このうち205人(0.003%)が亡くなった。接種後の死亡比率は韓国(0.004%)とほぼ変わらない。

◆ドイツの接種後死亡率も0.004%

韓国疾病管理庁の「国外新型コロナウイルス予防接種後の異常反応報告現況」によると、ファイザーワクチンでも死亡事例が報告されている。ドイツの場合、ファイザーワクチンを打った国民243万2766人のうち105人が亡くなった。ドイツの接種後死亡報告比率は0.004%(1月31日基準)だった。アストラゼネカでもファイザーワクチンでも、死亡との関連性は現在のところ確認されていない。ワクチン接種が持病を悪化させる引き金ではなく、接種という「状況」にすぎないという意味だ。

疾病管理庁予防接種被害調査班は今月7日に会議を開き、国内死亡者が全員療養病院入院患者で、もともと患っていた病気が悪化して死亡した可能性が高いと判断した。他の国も似ている。多くの国が新型コロナワクチン接種を中断しない理由でもある。

◆「ワクチンではない基底疾患悪化による死亡」

予防接種被害調査班のキム・ジュンゴン班長は8日のブリーフィングで「(亡くなった)多くの患者が脳血管系の疾患や心血管系の疾患などを基底疾患(持病)として持っていた」とし「基底疾患の悪化による死亡と判断した」と説明した。

続いてキム班長は「死亡当時、予防接種後の異常反応と推定される症状があったかどうかもあわせて検討したが、特別な兆候はみられなかった」と付け加えた。

◆相次ぐ異常反応の申告

国内でワクチン接種が始まった後、異常反応の申告が相次いでいる。8日午前0時基準で31万1583人の接種者のうち3847人(1.23%)が筋肉痛や頭痛・発熱・むかつきを訴えた。アナフィラキシーが疑われる事例も33人(0.01%)続いた。一般的に予防接種後2時間内に呼吸困難やじんましんなどの症状が現れるアナフィラキシーとは区分される。あわせて、けいれんや集中治療室入院など重症反応は5人(0.001%)報告された。重症事例もワクチンとの因果性が確認されたわけではない。

◆英国では「顔面まひ」報告

英国はどうだろうか。軽症異常反応の申告者は3万1427人(0.39%)で韓国よりも低い方だ。アナフィラキシーが疑われる事例は0.001%で10分の1水準だ。ただし、英国では「顔面まひ」〔別称・口眼●(くちへんに咼)斜〕が35人(0.001%)報告された。幸い韓国では顔面まひは異常反応として申告は入っていない。

鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病庁長は8日の定例会見で「現在接種中のワクチンは安全性と有効性が確認されたワクチン」としながら「過度な不安を持たずに順番に接種を受けてほしい」と話した。

◆接種後不安に申告多く

異常反応が英国より高いのは初めて接種する新型コロナワクチンに対する不安があることに加え、接種技術が不足しているからだという主張もある。

大韓ワクチン学会のマ・サンヒョク副会長は「疾病庁は『免疫反応によって接種後に熱などが出る場合がある』と特別なことではないように言うが、これは『安心メッセージ』ではない」とし「一般国民の立場では、接種後の朝方に熱が出れば怖さを感じる。たとえばどのような状況で解熱剤や鎮痛剤を使えばよいのか知らせてあげなくてはならない。(疾病庁が)受動的に対応しているようだ」と話した。

マ副会長は「ワクチンを肩の三角筋に正確に入れなければならないが、(現場では)これがうまくいっていない」とし「注射針がきちんと入らないから痛みのような異常反応が起きる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アストラゼネカを690万人に接種した英国みると…「接種後死亡」、韓国とほぼ変わらず

    2021.03.09 08:49
    뉴스 메뉴 보기
    アストラゼネカ新型コロナウイルス感染症ワクチン
    TOP